【東海オンエア無双】サブチャンネルが一番凄いのはどのYouTuber?

【東海オンエア無双】サブチャンネルが一番凄いのはどのYouTuber?

f:id:mintscore:20200120182020p:plain
2019年で一番再生されたサブチャンネルはどのYouTuberなのでしょうか?
トップユーチューバーのサブチャンネル再生数ランキング。

2019年セカンドチャンネル再生数

クリエイター 1月 2月 3月 4月 5月 6月
ヒカキンゲームズ 63959720 58768298 67667279 62253294 51576063 53719449
東海オンエアの控え室 44939535 44375089 47048511 54852018 46660484 46486541
フィッシャーズ-セカンダリ 19378829 19303249 19963543 20408688 19999857 16588933
はじめしゃちょー2(hajime) 15358910 13411221 11989348 10709961 8658892 9203058
水溜りボンドの日常 16394747 13986829 13912547 12183379 10635593 10194925
セイキンゲームズ 7992580 6200852 6848051 6279123 5396993 3747153
しばなんといっしょ! 9810095 10475530 11907114 11313038 8683673 11151865
すしらーめん《にく》 1811769 945395 1430665 2091300 1869403 3865186
きまぐれクックのサボり場 9731324 4833334 7758548 7783878 6545968 5316150
テオくんホーム 2970091 1792147 3831486 3759850 2232939 1756405
クリエイター 7月 8月 9月 10月 11月 12月
ヒカキンゲームズ 63013344 83153166 66243722 65736248 59994891 62756023
東海オンエアの控え室 54328719 43497804 33597006 34754756 35576921 36670628
フィッシャーズ-セカンダリ 22193087 31934908 23108228 21633612 18474086 22653690
はじめしゃちょー2(hajime) 8920322 7939123 11173273 9684848 6404546 8609401
水溜りボンドの日常 9624361 8662500 7632237 8665902 7639245 8055597
セイキンゲームズ 5753433 7116683 5160280 4547418 4160657 4265442
しばなんといっしょ! 10938980 10648310 4547737 12368090 7345077 7580315
すしらーめん《にく》 3106127 3880349 649462 2005183 2157774 3695227
きまぐれクックのサボり場 5094952 5284639 10040969 12804084 9173034 5746990
テオくんホーム 2760825 3426580 2821692 1648140 2541145 5390703

2019年総再生数ランキング

順位 クリエイター 年間総再生数
1位 ヒカキンゲームズ 758841497
2位 東海オンエアの控え室 522788012
3位 フィッシャーズ-セカンダリ 255640710
4位 水溜りボンドの日常 127587862
5位 はじめしゃちょー2(hajime) 122062903
6位 しばなんといっしょ! 116769824
7位 きまぐれクックのサボり場 90113870
8位 セイキンゲームズ 67468665
9位 テオくんホーム 34942003
10位 すしらーめん《にく》 27507840

セカンドチャンネル1位はヒカキンゲームズでした。
メインチャンネルでもゲームチャンネルでもトップに君臨するヒカキンさんはやはり別格という感じがしますが、しかしながらこのチャンネルは完全なゲームチャンネルでありメインチャンネルのサブという位置付けではないためサブチャンネルという視点で見ると「東海オンエアの控え室」がトップになります。

「東海オンエアの控え室」の年間5億回再生という数字はヒカルさんやスカイピースさんのメインチャンネルの年間再生数に迫る数字でありサブチャンネルとしては秀逸な数字である事が分かります。
メンバー間のたわいもない会話をしている様子を見せる役目の多いサブチャンネルですが、これだけ再生されるという事はメンバー間の会話を聞いているだけでも引き込まれる魅力的なグループという事になります。

企画内容というよりグループそのものの人気が見えてくるのがサブチャンネル再生数。
2020年はどのYouTuberがトップになるのでしょうか?