ひまつぶしぶろぐ

自分の趣味やネット関係の出来事を適当につぶやくブログです。

【ドン底からの復活】禁断ボーイズは全盛期の勢いを取り戻すことができるのか?

スポンサーリンク

【ドン底からの復活】禁断ボーイズは全盛期の勢いを取り戻すことができるのか?

禁断ボーイズ
出典:https://twitter.com/bakastanaka/status/945992302471798784

登録者数180万人超の大手YouTuber「禁断ボーイズ」。 かつては禁断ボーイズの象徴といえる派手な髪色と過激系の動画でYouTube界を席巻し女子中高生を中心とした若者世代から絶大な支持を得ていました。 しかし例のValu騒動後に勢いが急落してしまい騒動から2年弱経った今でもその人気が回復しているとは言えず苦戦を強いられています。わずか半年足らずで「オワコン」といわれるまでになってしまった禁断ボーイズはここからかつての勢いを取り戻す事ができるのでしょうか?

 そもそも禁断ボーイズの全盛期はどれほどすごかったのか?

禁断ボーイズのYouTube活動の中での全盛期は間違いなく「Next Stage」として活動していた期間でしょう。
ヒカル、ラファエル、ピンキーらとともに活動し、他のYouTuberと一線を画した企画を次々と打ち込みYouTube界を盛り上げていました。

・禁断ボーイズ(全盛時)とフィッシャーズのデータ比較
※2017年8月6日18時投稿動画

【禁断ボーイズ】

時間 視聴回数 高評価数
20時 240850 26189
21時 300051 32570
22時 344815 38460
23時 481521 44632
24時 530638 49088
25時 650613 52356


【フィッシャーズ】

時間 視聴回数 高評価数
20時 97837 11274
21時 165307 12857
22時 350019 14955
23時 502848 17094
24時 553433 18532
25時 683961 19552


禁断ボーイズが最も勢いのあった2017年夏休み期間の動画で比較をしていますが、グループYouTuberの頂点に立つフィッシャーズの視聴回数と互角の戦いをしています。
そして注目すべきは圧倒的な高評価数です。夏休み期間~騒動までの動画において高評価数が3万を切る事はありませんでした。
これに関しては企画の一種であるとはいえ、当時は熱狂的なファンが多かった事がうかがえます。
数値でみても禁断ボーイズの全盛期は「フィッシャーズ」「東海オンエア」に匹敵する力を持っていたといえるでしょう。

Valu騒動後のドン底時代

Valu騒動で炎上し、「Next Stage」が解散、数カ月後に復帰を果たした禁断ボーイズですがここでYouTuberとして本当の意味での「ドン底」を経験します。
同じく復帰したヒカルやラファエルが少しずつ勢いを取り戻していったのに対し禁断ボーイズは投稿する動画の再生数が軒並み低下していき、動画の投稿頻度も落ちていってしまう「ドン底」の期間が続きます。

「ドン底化」した要因は?

実は禁断ボーイズは復帰していくネクストステージ組の中では一番歓迎されていました。
騒動に関わっていたのがメンバー1人だけだったという事と、やはり熱狂的なファンが多かったという事もあり復帰直後の動画は期待感も込みでまだまだ人気を保っている状態でした。
しかし投稿する動画が「以前と違うBGM」「メンバーカラーの髪色をなくした状態」「家ロケ中心」となり、いわゆる「禁断らしさ」をなくした状態が続きます。
炎上を経験し健全な動画を作っていこうとする思惑がうかがえますが、皮肉にもこの事が「ドン底化」に拍車をかけていく事になってしまいました。

ドン底経験から変わってきた流れ

長い間ドン底を味わった禁断ボーイズですが、最近では再生数、高評価数ともに回復傾向にあります。
家でのロケが多かった時期を脱却し、最近は外で動画撮影を行う事が多くなりました。
以前の外ロケよりも過激度でいえば多少控えめではありますが、それでも多くの視聴者が待ち望んでいた禁断ボーイズへと変化しつつあるようです。
それを示すとおり最近の動画のコメント欄では「以前の禁断に戻ってきた!」「ようやく禁断らしくなってきた」「最近また禁断見始めました」などのコメントも多々見られるようになりました。

騒動後はこれからの禁断ボーイズについてメンバー全員で何度も話し合いをしているそうです。

天国と地獄を経験し長い充電期間を経てようやく復活の兆しが見え始めた禁断ボーイズ。
いつかメンバーカラーの髪色に染めた禁断ボーイズが懐かしのBGMを引っ提げて再びYouTubeを席巻する姿が見れる日も、そう遠くはないかも?