【テトリス99】「通常部屋」「VIP部屋」「チームバトル」の違いを解説

テトリス99

【テトリス99】「通常部屋」「VIP部屋」「チームバトル」の違いを解説

テトリス99には対人戦で遊べるものとして「通常部屋」「VIP部屋」「チームバトル」の3つのモードがあります。
現在のテトリス99において各部屋の違いや難易度について詳しく解説。

各部屋の特徴

f:id:mintscore:20200610012941p:plain

部屋名 ルール
通常部屋 テトリス99の通常ルールでテト1を目指す。
VIP部屋 テトリミノの落下速度が通常部屋より速いルールの中でテト1を目指す。
チームバトル チームでテト1を目指す。

【通常部屋】
圧倒的にプレイヤー人口の多い部屋。
人が集まるのが早いのですぐ遊ぶことができるが試合時間が長いのが難点。
初心者も数多くいる部屋なので最も1位をとりやすい部屋。

【VIP部屋】
通常部屋で1位をとったプレイヤーのみが入る事のできる部屋。
通常部屋よりもミノ落下速度のペースが早く、終盤になると最大重力付近まで達する。
かつては強豪が集まる部屋として機能していたが、ミノ落下速度によるゲーム性と試合開始までに時間がかかる事から現在は最もプレイヤー人口が少ない部屋。

【チームバトル】
4チームに分かれてチームで勝利を目指す部屋。
通常部屋やVIP部屋と違い戦略の「とどめうち」がないのでバッジが集めづらくなっている。またチームバトルにのみ観戦機能がついており上手いプレイヤーを観戦したり応援する事も可能。
決着が早く着きやすい為現在では最も強豪プレイヤーが集まりやすい部屋となっている。

3部屋の難易度

現在の環境では易しい順に「通常部屋」→「VIP部屋」→「チームバトル」となっている。
※「通常部屋」「VIP部屋」はテト1、チームバトルは自分が最後まで生き残った状態でチーム勝利、を条件とした難易度。

通常部屋は初心者の割合が多い事と猛者の割合が少ないため1位をとれる難易度は低め。

VIP部屋はミノの最大重力によりはじめの内はかなり苦戦する可能性はあるが、ゲーム性に慣れてしまえば比較的簡単に取る事ができる。

チームバトルは強豪プレイヤーが多く、バッジ集めも「とどめうち」がないため戦略任せにしたままだと終盤までにバッジが全く集まらない事がある。
安定して勝つにはしっかりと盤面を凝視してゲームオーバー寸前のプレイヤーを手動で狙っていく技術が必要になる。

部屋によってそれぞれ違う楽しみ方があるテトリス99

通常部屋でそこそこ勝てるようになってきたらVIP部屋に挑戦するも良し、上手い人のプレイを観戦する目的でチームバトルに参加するも良し。難易度は違えど楽しみ方が豊富にあるのがテトリス99の良いところです。
通常部屋に飽きてきたら更なるレベルアップのためチームバトルに積極的に参加して凝視と手動ターゲットを使ったバッジ集めの練習をしてみるのもいいかもしれません。

【テトリス99攻略】ルールや勝ち方のコツを徹底解説 – ひまつぶしぶろぐ

【テトリス99】猛者が集う「VIP部屋」を攻略 – ひまつぶしぶろぐ

テトリス99に待望のチームバトルが追加!仕様や戦略について解説 – ひまつぶしぶろぐ

【テトリス99】VIP部屋は魔境【1対1対戦実装望む・・・】

【テトリス99】VIP部屋は魔境【1対1対戦実装望む・・・】

f:id:mintscore:20191004203929j:plain9月のアップデート以降猛者が集まりやすいVIP部屋で遊んでいましたが、VIP部屋が魔境すぎてあまりやらなくなったというボヤき日記です。

VIP部屋はワンミスが命取り

VIP部屋終盤はワンミスが即ゲームオーバーにつながったりします。
最高速の20G下ではテトリミノを置ける位置も限られてくるのでリカバリーをする前に高火力を食らって一気に終わります。

また終盤はバッジやカウンター、マージンなど様々な火力アップによって一気に10ライン以上の火力が送られてきたりします。
こういう時にREN積みやテトリス積みをしていないと丸裸の状態で攻撃を受ける事になります。

掘れる地形ならまだ戦えますが、テトリミノの兼ね合いもありどうしてもうまく掘れない場合はそこでほぼ詰みます。つまり攻撃のタイミングも重要になってくるわけです。

逆にいえば残り2人~3人になった時点でREN積みをある程度組みきっていれば(REN積みじゃなくてもある程度攻撃リソースを持っていれば)高確率で勝つ事ができます。

VIP部屋は魔境

VIP部屋の終盤は落下速度が20Gほどになります。
自分はこの20Gの世界が非常に苦手でまだまだ対応できていません。
テトリミノをどこまで置けるのか、そして考えながら置く時間があまりないのでさらにミスへとつながります。

あとは通常部屋でも猛威を振るったRENがVIP部屋になるとさらに強くなる印象です。
自分はこのRENも苦手でして終盤に組む事が中々できません。
20Gの世界+RENが強すぎる世界なので自分にとってVIPは魔境というわけです。

ただ勝率でいうと通常部屋とそこまで変わったというわけではありません。
50戦ちょっとしかやっていませんがVIP部屋勝率は6割強。
しかし日本人が多く集まるゴールデンタイムにあまりやっていないので実際はもう少し落ちるかもしれません。

それと単純にVIP部屋は人の集まりが悪く(50人以下で始まる事もある)待ち時間がけっこうあったりするので一瞬で集まる通常部屋の方へ行く事が多くなりました。

1対1対戦実装望む!

テトリス99というゲーム、非常に面白いゲームなのは間違いなくてここまでハマったテトリスゲームは「テトリスDS」以来になります。

ゲームのコンセプトと外れてしまうので実現は難しいかもしれませんが、少人数でのフレンド戦や1対1対戦を実装してくれると有り難いです(笑)。
有料オプションでも喜んで購入します。

「テトリスDS」のレーティングシステムが完璧すぎたので、万が一実現するなら野良対戦にはレートも導入してほしいなあと思っています。

以上、好き勝手に書かせてもらいましたがこれからもテトリス99を楽しんでいこうと思います。スキン集めも頑張ります。
 

【テトリス99攻略】ルールや勝ち方のコツを徹底解説 – ひまつぶしぶろぐ

【テトリス99】猛者が集う「VIP部屋」を攻略

【テトリス99】猛者が集う「VIP部屋」を攻略

f:id:mintscore:20190920210525j:plain
9月から実装された「テトリス99VIP部屋」を詳しく解説。

VIP部屋概要

・参加条件
過去にテトリス99で1位(テト1)をとった事がある人。
1回でもテト1になれば参加資格を得るのでそこまで厳しい条件ではない。

・難易度
通常部屋に比べるとテト1をとるのはかなり難しい。
理由として参加条件は初心者脱却したあたりでとれるほどの難易度だが、VIP部屋に積極的に入る意欲があるのは上級者以上が多いためと思われる。

VIP部屋の特徴

・テトリミノの落下速度が速い。
通常部屋と比べると序盤からミノの落下速度が速く終盤になると20Gあたりまで加速する。
最大重力になるとテトリミノを置く場所が限られるほどのスピードになるためそれに対応した地形作りが必要になる。

・バッジが集まりにくい。
上手いプレイヤーが多いVIP部屋では火力を送り続けても中々KOがとれず、終盤になってもバッジが集まらない事が多い。

VIP部屋攻略

・最大重力を生き抜くために
終盤戦に入るとテトリミノの落下速度が急激に上がり一瞬で接地されるようになります。
しかしながら最大重力になってもミノを滑らせながら置く事は可能なので、次のような地形作りを意識する事が大事です。

・平らな地形を意識する。
・凸地形を意識する(真ん中を高くした地形)。
・凹地形はなるべく作らない。

f:id:mintscore:20190920195931j:plain

※最大重力においてテトリミノの設置可能範囲を把握しておく事は大事ですが、置けると思った場所に置く事ができないと焦ってしまいミスにつながりやすくなります。
置く前に迷った場合は最初から置けないと割り切って妥協した置き方をする事で冷静な判断でミノを捌きやすくなります。

・RENを使ってバッジを稼ぐ。
相手に継続的に火力を送り続ける事ができるRENはテトリス99において非常に強い武器です。序盤~中盤のバッジの集めやすさ、終盤戦の高火力勝負においてもRENは通常部屋以上に有効といえます。
狙える場面があれば積極的にRENを組んでいきましょう。

テトリス講座 Vol.15 RENを習得する – ひまつぶしぶろぐ

・戦略をうまく使う。
戦略をうまく使う事がVIP部屋攻略のカギです。
RENやテトリス、Tスピンの連続攻撃など火力を一気に送る場合は「とどめうち」に変更、複数人に狙われている場合は「カウンター」に変更。

また、ターゲットを多くもらっているプレイヤーに付き合うのは火力勝負で明らかに不利となるのでバッジ集めの面でも時間の無駄といえます。
爆発的な火力を継続的に送ってくる場合、「ランダム」に変更しターゲットを外すようにしましょう。
再度RENなどの火力を送る際は「とどめうち」に変更する事も忘れずに。

難易度の高いVIP部屋とあってテト1をとるのは容易ではありません。
まずはしっかりと地力をつけ、戦略や落下速度などの【VIP部屋仕様】に慣れる事が大事です。

テトリス99のルールや攻略詳細はこちらを参照。

テトリス講座 Vo.1 基礎中の基礎編-初心者が上達するためのコツ – ひまつぶしぶろぐ

テトリス講座 Vol.4 Tスピン – ひまつぶしぶろぐ