PayPayフリマ|実際に利用して分かった独自ルールや注意すべきポイント

PayPayフリマ|1カ月利用して分かった独自ルールや注意すべきポイント

f:id:mintscore:20191103223609j:plain
2019年秋にヤフーからリリースされたPayPayフリマ。
PayPayフリマを実際に利用し1カ月以上経ちますが同じフリマアプリであるメルカリ、ラクマと比較してペイフリ独自のルールや優れている点、劣っている点などが見えてきたので細かく紹介していきたいと思います。

PayPayフリマ独自のシステム、ルール

まずは重要なシステムについてフリマアプリ最大手のメルカリと比較。

  PayPayフリマ メルカリ
売上手数料 10% 10%
配送方法 匿名配送のみ 全て
支払い方法 クレカ、PayPay残高 クレカ、メルペイ残高、コンビニ払い、キャリア決済

売上手数料は両社同じ10%。

注意すべきは配送方法。
全ての配送が使えるメルカリに対してPayPayフリマは全て匿名取引なので配送方法も匿名配送のみ。
利用者には安心できるシステムかもしれませんが、普通郵便(84円~)は使う事ができないので最安(ゆうパケット)でも175円かかってしまう事に注意。

支払い方法はクレカとPayPay残高のみです。
コンビニ払いはできないのでメルカリでコンビニ払いを利用していた方は注意。

PayPayフリマの独自ルール詳細と注意すべきポイント

次はPayPayを利用するにあたって知っておきたい細かな点を紹介。

・ヤフオクとの連携について
PayPayフリマをヤフオクと連携する事でヤフオクの評価を引き継いで取引できる。
ただし引き継がれるのはペイフリの仕様上出品者としての評価のみ。
またヤフオクで出品した物で一定の条件を満たすとPayPayフリマにも自動的に掲載されるようになり購入する事ができるが、PayPayフリマから出品された物をヤフオクで買う事はできない。
ヤフオクからの出品である場合下画像のように表示される。

f:id:mintscore:20191103194148j:plain

※PayPayフリマ掲載条件・・・開始価格と即決価格が同じ。送料は出品者負担。など。
※ヤフオクから出品された物については価格の相談ができないので注意。

・受取評価は落札者のみ
評価は出品者に対して落札者が行うのみです。

・購入から発送までに時間がかかる場合がある
購入者がクレカ決済だった場合、安全に取引を進めるため審査が入り発送できるまでに4時間ほどかかります(PayPay払いだと即時発送可能)。
またクレカ決済の場合商品を受け取った後も売上金として入金されるのは約4時間かかります。

・商品の掲載期間は30日間
メルカリが無期限なのに対しPayPayフリマは出品から30日間で掲載が切れます。

・検索で反映されるのはタイトル名まで
検索で商品を探す場合、商品説明欄は反映されません。
出品時には重要なキーワードはなるべくタイトル欄に入れるようにしましょう。

・出品禁止物
以下のガイドライン-出品禁止物を参照。
ヤフオク!ガイドライン細則

・売却後に発送方法を変更する事はできない。
商品が売れた後に発送方法を変更する事はできません(売れる前なら可能)。
どうしても変更したい場合は取引をキャンセルして再出品という形をとる。

・売上金の受け取りはPayPayと銀行振込の2つ。
銀行振込の場合1回につき手数料100円がかかります(ジャパンネット銀行は無料)。

・ブラックリスト機能はない
現在ブラックリスト機能はありませんが、近日追加予定との事。

・価格の相談について
価格の相談は商品の値段の2割引きまで相談する事ができる。

f:id:mintscore:20191103193756j:plain

価格の相談は出品者のみに伝えられ周りから見る事はできないが、交渉中の有無を知る事はできる。

f:id:mintscore:20191103193528j:plain

出品者がこれを了承すると、了承をもらった人のみが交渉した値段で買う事ができる。
ただし専用商品になるわけではないので元の値段なら売れない限り誰でも買う事ができる。

・同梱配送はできない
PayPayは全て匿名配送です。
同一人物の複数落札により一つにまとめて送るといった事はできません。
一つ一つ分けて送る必要があります。

・配送方法について
PayPayの配送方法はヤフネコ!パックとゆうパケット・ゆうパックのおてがる版があります。
各配送方法によって日時指定や補償に違いがあるので注意。

配送方法 価格 日時指定 補償
ネコポス 195円 不可 有(3000円まで)
宅急便コンパクト 380円 可能 有(3万円まで)
宅急便(60~160) 600円~1500円 可能 有(30万円まで)
ゆうパケット 175円 不可
ゆうパック(60~170) 600円~1700円 不可 有(30万円まで)

※宅急便・宅急便コンパクトは購入者側がクロネコメンバーズに登録しているか伝票番号を使えば発送後も受取時間の変更が可能です。

【PayPayフリマ】メルカリとの違いを徹底比較!メリットデメリットは?

【PayPayフリマ】メルカリとの違いを徹底比較!メリットデメリットは?

2019年10月7日にiOS先行(iPhone)で「PayPayフリマ」の提供が開始されました。
フリマアプリ業界にヤフーから新たな刺客がやってきたという事で、そのサービス内容に注目が集まっています。
フリマアプリといえばメルカリやラクマが有名ですが、3社の手数料や販売形態などにおいて徹底比較してみました。

PayPayフリマとヤルオクの連動

PayPayフリマはヤフー提供のアプリなのでヤフオクと連動する事ができ、ヤフオクでの評価も引き継がれます。
連動によってヤフオクで出品した商品が特定の条件を満たしている場合PayPayフリマにも掲載されるようになります。
PayPayアプリへの掲載は開始価格と即決価格が同じである事、送料が出品者負担である事など様々な条件があります。詳しくはこちら↓
ヤフオク!ヘルプ – PayPayフリマへの掲載について
※PayPayフリマで出品した商品がヤフオクに掲載される事はありません。

メルカリとは異なるPayPay独自の機能

【1】出品掲載期間は30日
メルカリは出品した商品の掲載は無期限ですが、PayPayフリマは30日間です。

【2】評価は購入者のみ行える。
既存のフリマアプリでは出品者、購入者ともに評価できる仕組みですが、PayPayフリマでは購入者が出品者に対して評価するのみです。
購入者側からすると気楽に取引できそうですが買い専門だといつまでも評価がつかないというデメリットも。

【3】検索に引っかかるのは商品の「タイトル欄」のみ。
商品を検索する際メルカリなどはタイトルの他に商品説明欄の言葉も含まれますが、PayPayフリマではタイトル欄に入れた言葉しか反映されません。
出品する際に重要なキーワードはできるだけタイトル欄に入れるようにします。

【4】購入から発送、売上金処理に時間がかかる場合がある。
出品物が売れても購入者がクレカ決済だった場合、審査のため約4時間経たないと発送手続きできません。
また受取評価後も売上金処理に4時間ほど時間がかかる場合があります。

【5】PayPay残高決済なら常時1%還元
決済をPayPay残高にすると決済額の1%のPayPayボーナスが付与されます。
少額ではありますがPayPayユーザーには嬉しいシステム。

【手数料や配送料について】メルカリラクマとの比較

販売手数料その他比較

  メルカリ ラクマ PayPayフリマ
販売手数料 10% 3.85% 10%
購入申請設定 無し 有り 無し
掲載可能画像数 10枚 4枚 10枚
価格交渉ボタン 有(カテゴリーによる) 有(価格の80%まで)
配送方法 全て 全て 匿名配送のみ

・PayPayフリマの販売手数料はメルカリと同じ10%です。
・PayPayフリマの配送方法は匿名配送のみです。
・PayPayフリマでは『値段の相談』機能はありますがヤフオクからの出品だと使えません。

各社独自の配送方法の送料比較

配送方法 メルカリ ラクマ PayPayフリマ
ネコポス 195円 200円 195円
宅急便コンパクト 380円 530円 380円
宅急便(60~160) 700円~1600円 800円~1500円 600円~1500円
ゆうパケット 175円 179円 175円
ゆうパック 700円~1000円(60~100) 800円~1500円(60~170) 600円~1700円(60~170)

配送料はメルカリやラクマと比較すると少し安めに設定されています。
ただし配送方法は上表の配送しか選択できないので普通郵便などの最安発送は使えない事に注意。


支払い方法比較

メルカリ ラクマ PayPayフリマ
クレジットカード クレジットカード クレジットカード
コンビニ払い コンビニ払い PayPay残高
メルペイ 楽天ペイ
d払い LINE Pay
auかんたん決済 郵便局・銀行ATM
ソフトバンクまとめて支払い 携帯キャリア決済
d払い
Paidy払い

現在PayPayではクレジットカードとPayPay残高のみ対応しています。
こちらは今後様々な支払い方法に対応していく可能性があります。
とはいえ一番メリットのある決済は1%還元のあるPayPay残高になりそうです。

PayPayアプリ利用は今がチャンス?

現在PayPayアプリでは送料無料キャンペーンを行っています。
これは配送にかかる送料を全てPayPayが負担してくれるもの(ヤフオクからの出品は対象外)。
配送可能な170サイズ(1700円)まで無料になるので小型家電や大量の本などを売るなら大変お得なキャンペーンとなっています。

また購入者にとっても評価ボタンは購入者のみ、そして出品物は全て送料込みの匿名配送という事で安心して取引できるメリットはあります。
メルカリやラクマと似たような仕様なのでフリマアプリユーザーは問題なく使えると思います。

500円OFFクーポンに最大20%還元キャンペーンも実施しているPayPayフリマ。
これから競争が加速していくフリマアプリ業界の今後に注目です。