テトリス講座 Vol.2-2 積みの基礎となる平積みをマスターする。

テトリス講座 Vol.2-2 積みの基本となる平積みをマスターする。

この講座ではブロックの積み方について触れていきます。特に攻撃の核となるテトリス消し(4ライン消し)をするための平積みについて詳しく解説。

平積みがうまくなるコツは地形を乱さない事

平積み

平積みがうまくなるコツはできるだけ地形を乱さないように積んでいく事です。
テトリスでいう地形を乱さないようにするという事は
・次々と流れてくるテトリミノを置けるような形をキープしておくという事です。
凸凹の多い地形はミノの受け皿を狭めてしまう事が多いので、基本的には平らな地形を作る事を心がけて積むようにします。

Tミノをうまく使って積んでいく

前の講座でも少しふれましたがTミノは平積みをしていく上で非常に重要なミノです。
Tミノをうまく使う事ができると地形を乱さずに綺麗な地形を組んでいく事ができます。

【1】Z、S、Tミノを使って上へと組んでいく。

平積み
上図のような右側を埋めていく場面の時にTミノを使ってうまく組んでいきます。
ポイントはTミノを置くとZ⇒Sへと受け皿が切り換わる事です。

平積み

これを覚えておくとネクストミノにみえるZ、SにうまくTミノを組み合わせる事で、上部まで綺麗に積み込みができるようになります。

平積み

【良くない積み方の例】

平積み
このような場面の時になにも考えずにこのままTミノを置いてしまうと・・・

平積み
Tミノを置いた事でSミノを置けない地形になってしまいます。
S、Zの上にTを置く時は、ネクストミノを確認し置いた後にSZどちらのミノが置ける地形になるかを把握しておく事が大事です。

【2】階段地形をTミノを使って整地する。

平積み
上図のような階段の地形を整地したい場合、Sミノを使って右端に置く事もできますが、凸凹の形ができてしまい地形が乱れる原因になります。

平積み

階段の地形ができてしまった時はなるべくTミノを使って綺麗に整地するようにします。

平積み

【3】凹地形をTミノを使って整地する。

平積み
上図ような地形の場合、左側を埋めたい時にJ、Lどちらか順番の早いミノの受け皿をTミノを使って作ってあげます。
Tを逆向きに置いてしまうと地形が乱れる原因になるので注意。

平積み

平積み

L、J、棒ミノを使って組んでいく。

これも棒ミノを置く事でL、Jの受け皿が切り換わる事を理解しておけば地形を乱さず綺麗に積んでいく事ができます。

平積み

L、Jを使って右側を積み込んでいくような時もネクストに見えるL、Jの順番を見ておき、どちらを置くのが適切に積めるのかを考えるようにします。

平積み
上図のような場合、L字ミノがネクスト含め2つあるのでJよりもLを置く事で、次のLが置ける地形にします

平積み

もちろん棒ミノを置く事でJへの切り換えも可能。

平積み

左回転、右回転をしっかり使い分ける。

テトリスは基本的に
・ミノを左回転→Bボタン
・ミノを右回転→Aボタン
となっており左右の回転をうまく使い分ける事で素早い操作が可能になります。

(例)

f:id:mintscore:20191024150753j:plain
上図のような時に右回転を使うと3回分の回転操作が必要になりますが左回転だと1回転で済みます。
このように左右の回転をうまく使い分ける事ができればミノを置く速度が格段に上がります。
初心者の内はどちらか一つの回転しか使っていない場合が多いので、頭で考えずに置けるようになるまでひたすら練習しましょう。

ホールドを積極的に使う

平積みがうまくできない理由の1つとしてホールドを使いこなせていない事があげられます。
特に初心者の内は落ちてくるミノの対応で精一杯になりホールド機能がある事を忘れている場合が多く「今操作しているミノの置き場所がない」という理由でようやくホールドするという使い方をしてしまいがちです。
操作中のミノに加え現在ホールドしているミノも把握しておき常に2択である事を意識して積極的に使っていくようにします。

【まとめ】

積み全般に言える事ですが、大事な事はミノを置ける場所にただ置いていくというよりは常にその先のネクストミノをフォローできるような地形にして置く事です。
平積みは練習すれば必ず上達していくのでマラソンモードでやりこむのがオススメです。

テトリス講座 Vol.3 堀りと削り – ひまつぶしぶろぐ

テトリス講座 Vol.2 テトリミノについて

各テトリミノの特徴と良い積み方を学ぶ

テトリスに登場するテトリミノは全部で7種類あります。

【特徴と主な使い方】

棒(テトリス棒)・・・一度にたくさんのミノを消せる。主に3~4列消しする時に使う。
L字ミノ(逆L字)・・・最大で3列同時に消す事が出来る。主に2~3列消しする時に使う。

S字ミノ(Z字ミノ)・・・最大で2~3列同時に消す事が出来る。主に2列消しする時に使う。
T字ミノ・・・最大で3列同時に消す事が出来る。主に2列消しやTスピンをする時に使う。
四角ミノ・・・最大で2列同時に消す事が出来る。主に2列消しや整地積みの時に使う。

・マラソンモードである程度練習すると自分の中で見えてくる良い積み方と良くない積み方

対人テトリスで核となる強い攻撃は相手に4段のブロックを送る事が出来るテトリス消しとTスピンダブルです。
(一応6段ものブロックを送れるTスピントリプルという一番強力な技もありますが、これはテトリス消しやTスピンダブルと比べると、作るのが大変な上に打った後の修復にも時間がかかるので上級者でも使う頻度は低めです)
テトリス消し(4段消し)はテトリス初心者が最初に習得出来る最強の武器なので、まずは左右どちらか1列空けて積む練習をするはずです(右1列空けが望ましい)

こんな感じで↓

f:id:mintscore:20170714135550p:plain

そして消す時はテトリス消し(4列消し)をしていくなら棒ミノをホールドしておきたいところ。そして4列消し以外で棒ミノを使う機会を極力減らしたいところ(棒ミノが足りなくなる可能性もあるので)

つまり・・・4列消し以外で棒ミノを要求されない積み方をする事が大切になります。

これはあまり良くない積み方↓

f:id:mintscore:20170714140527p:plain

右2列目に棒ミノしか置けなくなります。
このように1種のミノでしかフォローできなくなる置き方は形が悪くなる原因となります。
3段以上になる積み方は極力避けましょう。

ちなみにこれを解消するには↓

f:id:mintscore:20170714141155p:plain

L字ミノをこのまま落として消すと↓

f:id:mintscore:20170714141335p:plain

上手く消えて段差がなくなり棒を使わなくても解消する事が出来ました。

・Tミノの置き方に注意する

TミノはTスピンに使ったり整地や堀りに使ったり、とても重要で使い勝手の良いミノです。
ただし置き方を間違えると逆に整地の乱れに繋がるミノでもあります。
ミノを置けなくなる原因を引き起こすミノであり、それを修復する役目を果たすミノでもあると個人的には思っています。

ではどういった置き方があまり良くないかというと・・・

f:id:mintscore:20170714142637p:plain

Tミノをそのまま落として置いてしまうパターンです↓

f:id:mintscore:20170714142837p:plain

この凹凸地形を見て少し不安に思いませんか?

このままS字ミノをT字の右にはめ込んでも3段の段差が出来てしまいます。

f:id:mintscore:20191202192559p:plain
もちろん3段の段差にならないように積む事は現段階では可能ですが、凹凸地形は積みこみにおいてミノの受け皿を減らす原因になる可能性が大きいのです。
初心者の内はなるべくT字をそのまま落とす置き方はしないようにしましょう。

【!】積みの上達の近道は間違いなく平積みの練習です。
平積みとは端を1列分空けて積みこんでいきテトリス消し(4列消し)をする事です。

f:id:mintscore:20191002164956j:plain
平積みを繰り返し練習する事で積む速度やテトリミノの回転方向の把握などテトリスの基礎能力が格段に上がっていきます。

【まとめ】
段差が3段になるような積み方をしない事とT字の置き方に注意して積む事です!
慣れてくるとそれを考えた上でもっと綺麗に積む事が出来るようになります。
初心者にとって一番効率の良い上達方法は平積みの練習です。

テトリス講座 Vol.2-2 積みの基礎となる平積みをマスターする。 – ひまつぶしぶろぐ

テトリス講座 Vol.3 堀りと削り – ひまつぶしぶろぐ