こんなに違う!?お米はパックを買うより自炊した方が絶対にお得な理由

こんなに違う!?お米はパックを買うより自炊した方が絶対にお得な理由

f:id:mintscore:20200330155411p:plain

ご飯パックを購入するのとお米を炊く(炊飯)のとでは値段的にどれほど差があるのか検証してみました。

ご飯パックとお米の一般的な値段

スーパー等で売られているご飯パックはいくらぐらいなのでしょうか?
一般的にはご飯1パック(180g)100円前後、生米は5kg1800円前後で販売されています。
もちろんメーカーやスーパーによってはもっと安く購入できたりしますが、ここでは一般的な価格で検証していきたいと思います。

1gあたりの値段

一般的な価格を元にご飯パックと生米の1gあたりの値段を出してみます。

  1gあたりの値段
ご飯パック 0.55円
生米 0.36円

生米はご飯パックより1gあたり約0.2円お得な結果に。

確かに生米の方が安いですが「あれ、意外とそこまで変わらないんじゃ?」と思った方も多いのではないでしょうか??
さらに自炊はお米を炊く事による電気代に加え保温や保存をするにしても電気代がかかります。
ご飯パックもスーパーによっては1パック60円で売られている事もあるので、あれこれ手間暇を考えると「値段面で考えてもお米を炊く意味はあまりないのでは・・・」と感じてしまうかもしれません。

値段のカラクリは水!炊いた後のお米の重さに注目

実は上記の1gあたりの値段表は比較対象として大きな誤りがあります。
それは炊き立てのお米同士の比較ではない事です。
生米から炊き立てのご飯を作るには水が必要です。
実際に生米に水を加えて炊いてみるとどれぐらいの重さになるのでしょうか?炊き上がった後の重量をはかってみる事にします。

まずはご飯パック(180g)からご飯を取り出して重さをはかります。

f:id:mintscore:20200330191001j:plain

ご飯パックから取り出したお米の重さは176gでした。
ご飯パックの場合ここから電子レンジで約2分ほど温めて出来上がりですが、温め後の重さは水分が飛んだせいか175gとなりました。しかしながら1gは誤差の範囲といえるので炊き立て後の重さは温める前と変わらず176gとします。

そしてご飯パックに合わせて生米も176gで調整します。

f:id:mintscore:20200330191605p:plain

ここからお米を研ぎ適量の水を加え炊飯器に入れ炊き上がるまで待ちます。

炊き上がり後↓
f:id:mintscore:20200330192235p:plain

炊き立ての重さをはかります。
f:id:mintscore:20200330192422p:plain

なんと生米時の176gから418gに!(約2.3倍)
やはり水を吸った分かなり重くなる事が分かりました。

炊き立てご飯としての比較

生米を炊き立てた後の重さが判明したので今度は両者同じ条件になりました。
そこでもう一度1gあたりの値段を算出し比較をしてみます。

  1gあたりの値段
ご飯パック 0.55円
生米(炊き立て加味) 0.15円

ご覧のように実に3倍以上の値段差になる事が分かりました。
電気代を加味していない比較にはなりますがお米を自炊した場合、180gのご飯パックを約28円で購入している事になります。
やはり生米から炊く方がかなりお得になる事が分かります。

安さでいえば自炊の圧勝?

f:id:mintscore:20200330200538p:plainもちろんご飯パックにもメリットはあります。
ご飯パックは電子レンジで温めれば2分で食べる事ができますし保温などの電気代もかかりません。そして自炊との一番の違いはやはりお米を炊く面倒さを省く事ができます。
忙しくてご飯を炊く暇がない時には気軽にお米を食べる事ができるご飯パックは非常に重宝します。
それぞれにメリットがあるのでどちらの方が一概に良いとはいえませんが、安さの面だけで考えると自炊した方が断然お得といえそうです。

※自炊した場合保温機能を使うよりは一旦冷凍しておき電子レンジで解凍するやり方の方が電気代を節約できます。

  炊飯(1回あたり) 保温(24時間あたり) 電子レンジで解凍
電気代 約4円 約10円 約1円

保温してから短時間で全て消化しない場合は解凍しておく方がお得になる事が多いでしょう。

自炊とご飯パックそれぞれの年間支出比較(1人あたり)
自炊のみ・ご飯パックのみのそれぞれの年間支出を算出して比較してみます。
※1食180g。電気代は1回の炊飯(3合)あたり4円・保存方法は冷凍で計算。

  1日1食 1日3食
ご飯パックのみ(年間) 36500円 109500円
自炊のみ(年間) 10500円 31400円
差額(年間) 26000円 78100円

【PayPayフリマ】メルカリとの違いを徹底比較!メリットデメリットは?

【PayPayフリマ】メルカリとの違いを徹底比較!メリットデメリットは?

2019年10月7日にiOS先行(iPhone)で「PayPayフリマ」の提供が開始されました。
フリマアプリ業界にヤフーから新たな刺客がやってきたという事で、そのサービス内容に注目が集まっています。
フリマアプリといえばメルカリやラクマが有名ですが、3社の手数料や販売形態などにおいて徹底比較してみました。

PayPayフリマとヤルオクの連動

PayPayフリマはヤフー提供のアプリなのでヤフオクと連動する事ができ、ヤフオクでの評価も引き継がれます。
連動によってヤフオクで出品した商品が特定の条件を満たしている場合PayPayフリマにも掲載されるようになります。
PayPayアプリへの掲載は開始価格と即決価格が同じである事、送料が出品者負担である事など様々な条件があります。詳しくはこちら↓
ヤフオク!ヘルプ – PayPayフリマへの掲載について
※PayPayフリマで出品した商品がヤフオクに掲載される事はありません。

メルカリとは異なるPayPay独自の機能

【1】出品掲載期間は30日
メルカリは出品した商品の掲載は無期限ですが、PayPayフリマは30日間です。

【2】評価は購入者のみ行える。
既存のフリマアプリでは出品者、購入者ともに評価できる仕組みですが、PayPayフリマでは購入者が出品者に対して評価するのみです。
購入者側からすると気楽に取引できそうですが買い専門だといつまでも評価がつかないというデメリットも。

【3】検索に引っかかるのは商品の「タイトル欄」のみ。
商品を検索する際メルカリなどはタイトルの他に商品説明欄の言葉も含まれますが、PayPayフリマではタイトル欄に入れた言葉しか反映されません。
出品する際に重要なキーワードはできるだけタイトル欄に入れるようにします。

【4】購入から発送、売上金処理に時間がかかる場合がある。
出品物が売れても購入者がクレカ決済だった場合、審査のため約4時間経たないと発送手続きできません。
また受取評価後も売上金処理に4時間ほど時間がかかる場合があります。

【5】PayPay残高決済なら常時1%還元
決済をPayPay残高にすると決済額の1%のPayPayボーナスが付与されます。
少額ではありますがPayPayユーザーには嬉しいシステム。

【手数料や配送料について】メルカリラクマとの比較

販売手数料その他比較

  メルカリ ラクマ PayPayフリマ
販売手数料 10% 3.85% 10%
購入申請設定 無し 有り 無し
掲載可能画像数 10枚 4枚 10枚
価格交渉ボタン 有(カテゴリーによる) 有(価格の80%まで)
配送方法 全て 全て 匿名配送のみ

・PayPayフリマの販売手数料はメルカリと同じ10%です。
・PayPayフリマの配送方法は匿名配送のみです。
・PayPayフリマでは『値段の相談』機能はありますがヤフオクからの出品だと使えません。

各社独自の配送方法の送料比較

配送方法 メルカリ ラクマ PayPayフリマ
ネコポス 195円 200円 195円
宅急便コンパクト 380円 530円 380円
宅急便(60~160) 700円~1600円 800円~1500円 600円~1500円
ゆうパケット 175円 179円 175円
ゆうパック 700円~1000円(60~100) 800円~1500円(60~170) 600円~1700円(60~170)

配送料はメルカリやラクマと比較すると少し安めに設定されています。
ただし配送方法は上表の配送しか選択できないので普通郵便などの最安発送は使えない事に注意。


支払い方法比較

メルカリ ラクマ PayPayフリマ
クレジットカード クレジットカード クレジットカード
コンビニ払い コンビニ払い PayPay残高
メルペイ 楽天ペイ
d払い LINE Pay
auかんたん決済 郵便局・銀行ATM
ソフトバンクまとめて支払い 携帯キャリア決済
d払い
Paidy払い

現在PayPayではクレジットカードとPayPay残高のみ対応しています。
こちらは今後様々な支払い方法に対応していく可能性があります。
とはいえ一番メリットのある決済は1%還元のあるPayPay残高になりそうです。

PayPayアプリ利用は今がチャンス?

現在PayPayアプリでは送料無料キャンペーンを行っています。
これは配送にかかる送料を全てPayPayが負担してくれるもの(ヤフオクからの出品は対象外)。
配送可能な170サイズ(1700円)まで無料になるので小型家電や大量の本などを売るなら大変お得なキャンペーンとなっています。

また購入者にとっても評価ボタンは購入者のみ、そして出品物は全て送料込みの匿名配送という事で安心して取引できるメリットはあります。
メルカリやラクマと似たような仕様なのでフリマアプリユーザーは問題なく使えると思います。

500円OFFクーポンに最大20%還元キャンペーンも実施しているPayPayフリマ。
これから競争が加速していくフリマアプリ業界の今後に注目です。