テトリス講座 Vol.13 最適化への道【後編】

テトリス 最適化

テトリス講座 Vol.13  最適化への道【後編】

前編では棒ミノ、四角ミノ、ミノをそのまま置く場合の最適化について紹介しましたが後編はそれ以外のミノ(L、逆L、Z、S、T)を回転させて置く場合の最適化について紹介します。
前編はこちらから↓
テトリス講座 Vol.12 最適化への道【前編】 – ひまつぶしぶろぐ

回転軸を把握する

まずはテトリミノの回転軸をしっかり把握する事が最適化への近道です。
テトリミノには軸というものがあり回転させる時はこの軸を中心に回転します。
回転方向によって右へずれたり左へずれたりするのはこの回転軸があるからです。

ワールドルールにおける各テトリミノの回転軸

テトリミノの回転軸

上記のミノをいくら回転させても●部分の位置は一切変わりません。この●部分が回転軸です。この回転しても位置が変わらない●部分を知っておくことが大切です。
回転軸を知っておく事で、回転によってミノがどの位置に移動するのかをあらかじめ把握することができ、ズレて置いてしまうといったミスも少なくなります。

テトリミノの回転軸

テトリミノの回転軸

ミノを回転させて置く操作

回転軸を理解しておけば折り返し+回転の操作もスムーズに行えます。
(例)
最適化
上図の場面でL字を立てて下のブロックにはめこみたい場合、最適化無しの操作なら左に回転して縦にした後何回かずらして置く事になると思います。
これを最適化を使って置くとミスなくスムーズに置く事ができます。

最適化
慣れない内は常に回転軸がどこにあるのかを意識し、回転したらどの位置になるのかを考えながら操作します。

【押し付け+回転】と【折り返し+回転】

結論から言うと、上記5ミノを回転させて(立てて)置く場合最適化操作が必要な位置は2つあります。

【1】端1列空けて縦置き(習得必須)
【2】端2列空けて縦置き(習得推奨)

最適化

最適化


【1】端1列空けて縦置き=壁に押し付け+回転

壁に押し付け+回転で置く練習をします。
操作の順番は『壁に押し付け』→『回転』

最適化

練習方法としては40ラインやマラソンモードでL、逆L、Z、S、Tが来たら壁に押し付け+回転して置いていきます。棒ミノや四角ミノが来たら邪魔にならないよう真ん中あたりに置きます。
左右どちらの壁に押し付けても構いません。壁に押し付けた後左右のどちらに回転すれば端1列空きの位置になるのかを意識しながら置いていきます。

最適化
回転軸の把握と回転後のミノの位置をイメージしてから置く。
この操作をスムーズに行えるようになると、端1列空けて立てて置きたい場面で圧倒的にミスなく素早く置けるようになります。
習得に時間はかかりますが、この端1列空けて置く操作が最適化【後編】の最重要項目です。
それでも全てを覚えるのは難しそうだと感じた場合は以下のテトリミノの最適化から始めてみてください。

最適化
積みこみの際に置く機会の多いこのパターンを最適化できるだけでもかなりのスピードアップとミス軽減が見込めます。


【2】端2列空けて縦置き=折り返し+回転

最後は折り返し+回転の練習です。

操作の順番は『壁に押し付け』→『トン』→『回転』

最適化

少し難易度は上がりますがこれも回転軸を理解していれば最後の回転操作でどの位置にくるかが分かると思うのでスムーズに行えるようになるまでひたすら反復練習します。
これもどちらの壁に押し付けても構いませんが端2列空けになるように置く。

最適化

以上で『最適化への道』編終了になります!
一応自分なりに紹介してみたつもりですが、説明が下手だったら申し訳ない・・・
最適化は他のスキルに比べて面倒で習得するのに時間はかかりますが、極めるとミス軽減=積み速度の安定というその労力に見合った強さを手に入れる事ができます。
まずは棒ミノ操作や回転しない場合の簡単な操作から徐々に覚えていきましょう。

テトリス講座 Vol.14 絶対に覚えておきたい回転入れのパターン – ひまつぶしぶろぐ

テトリス講座 Vol.7 開幕テンプレ積み – ひまつぶしぶろぐ

テトリス講座 Vol.11 ドネイトを極める – ひまつぶしぶろぐ

テトリス講座 Vol.12 最適化への道【前編】

テトリス 最適化

テトリス講座 Vol.12  最適化への道

テトリス上達に欠かせないスキルに『最適化』というものがあります。
しかしながら、積み、堀り、テンプレやTスピンなどの基本スキルと比べると、優先度は落ちる、というかこのスキルがなくても上級者レベルまではいけると思います。
ただ超上級者レベルとなると間違いなく必須スキルとなります。上級者でも最適化できていない人が意外と多いので、更に上を目指すなら最適化習得は避けて通れない道といえそうです。

最適化って何?

簡単にいうとミスを極力減らし積む速度をアップさせる操作の事をいいます(速度に関しては一概には言えない部分はありますが)。
テトリミノには回転軸というものがあり左方向(Bボタン)と右方向(Aボタン)の操作で結果的に落とす位置が変わります。
例えば落ちてくる棒ミノを操作する時↓

最適化

最適化

最適化
この事から右から6列目の穴に棒を入れたい場合、右回転+左キーで位置を合わせるよりも左回転1回のみで動かす方が『正確に』『速く』置けるという事が分かります。

もう一つ最適化の代表的な操作方法として
ミノを折り返して置くという積み方です。
例えば四角ミノを端1列空けで置きたい場合、トン、トン、トンと方向キーを一回ずつ押してずらすのではなく長押しで壁に当ててから一個ずらすという操作です。
これをする事により圧倒的にミスを減らす事ができます。

最適化

最適化

最適化を練習する上での注意点

最適化を極める上でやっかいな事は一から操作方法を覚え直すという事です。つまり今までの慣れた操作方法を矯正する事になります。
また積みや堀り、テンプレ技やTスピンなどのスキルと比べると習得までに時間がかかるため、特に練習初期の段階ではどうしても積みの速度が遅くなり一時的に弱体化してしまいます。
やはりミノ操作に慣れた人ほどこのもどかしいパターンに陥りやすく、上級者であっても最適化を途中で諦めてしまう場合もあります。
なのでここではなるべく最初に覚えておきたい、かつ比較的簡単な最適化のパターンから順番に紹介していきたいと思います。

最適化『1』 棒ミノの最適化

テトリス棒は強力な火力を送る事ができますが、これを置きミスしてしまうと一転、致命傷にもなりかねない非常に重要な役割をもったテトリミノです。
なのでまずは致命傷になる事態を軽減するために棒ミノの最適化を紹介します。

簡略化のため長押しや1回押し、回転方向は↓図のとおり説明します。
最適化

各列ごとの最適化
最適化 最適化

 

最適化 最適化

 

最適化 最適化

 

最適化 最適化

上記のように棒ミノを操作して落とします。長押しする場合必ず壁に押し付けてから回転させるようにしてください。最初は戸惑う操作かもしれませんが、慣れるとミスが圧倒的に減る上に速く置けるようになります。練習方法としてはマラソンモードか40ラインで棒ミノ以外を邪魔にならないように適当に置いていき棒ミノが来た時のみ最適化操作で置いていくか、穴空けで最上段付近まで積み込んでいき、最適化操作で一気に消していくか。特に端から2,3列目の穴に落とす操作がミスしやすいのでこちらを重点的に。

最適化

最適化

最適化『2』 回転操作を使わない折り返し操作

回転操作が入ると難しくなってしまうので、まずはミノをそのまま落とす場合の最適化をマスターします。
練習方法はいたってシンプル、上記で触れた折り返し(壁に押し付けて1つずらす)の練習をひたすらするのみです。回転を使わず折り返しのみでどんどん積んでいってください。反復練習を行う事でこの操作に慣れてくると思います。

最適化
この操作に慣れてくると普通の積みの際テトリミノを動かす時に方向キーを3回押す(トントントン)という操作をしなくなります。折り返し操作に慣れるとこの動作が非常にまどろっこしく感じるからです。

最適化  最適化

【大事なこと】
テトリミノをそのまま置く場合、右移動の際はトンの数を2回まで、左移動の際はトンの数を1回までにしてください。つまりこれより動作が多くなる場合は全て折り返しを使って置くようにします(例外的に四角ミノは左移動でもトントンして良い)。

最適化

今回は『棒ミノ』『四角ミノ』『全ミノをそのまま置く場合』の最適化を紹介しました。
後編ではL、逆L、Z、S、Tを回転させて置く場合の最適化を紹介します。

テトリス講座 Vol.13 最適化への道【後編】 – ひまつぶしぶろぐ

テトリス講座 Vol.7 開幕テンプレ積み – ひまつぶしぶろぐ