テトリス講座 Vol.14-2 回転入れを覚える【応用編】

回転入れ

テトリス講座 Vol.14-2 回転入れを覚える【応用編】

テトリス回転入れ講座【必要最低限】の応用編です。
応用編といっても覚える事が少し増えるだけです。
こちらで紹介する回転入れも合わせて覚えておけば実戦での回転入れリカバリーをだいたい使えるようになります。

【1】S、Zの縦置き回転入れ

SZ回転入れ
このような地形の時に回転入れを使えば綺麗にはめこむ事ができます。

【やり方は2つ】

SZ回転入れ

【ミノ置き】
上のように赤色ミノの場所にミノを置けば回転入れできる。
屋根を付ける必要がないのでお手軽。

SZ回転入れ

【屋根付け】
屋根を付ける事で回転入れできる。屋根の位置を逆にしないように注意。
Tスピントリプルと一緒の要領なのでこちらも簡単。

SZ回転入れ

S字ミノでも同様に回転入れできる。

SZ回転入れ

【2】L、逆Lの縦置き回転入れ

JL回転入れ
こちらも回転入れを使う事で綺麗に入ります。

【屋根を付けて回転入れ】

JL回転入れ

屋根をもう一段高くしてもできます。

JL回転入れ

逆Lも同じ要領で回転入れ。

JL回転入れ

【3】Iミノの回転入れ

I回転入れ
Iミノを回転入れする事で上のような地形にはめこむ事ができるがIミノを左側から入れる場合と右側から入れる場合では操作方法が全く違う事に注意。

【Iミノを左側から入れる】
操作方法:左左右(BBA)

I回転入れ

左側ギリギリでもできます。

I回転入れ

【Iミノを右側から入れる】
操作方法:右(A)
こちらは簡単。

I回転入れ

左側から:BBA
右側から:A
と覚える。


【Iミノ回転入れを使ったテクニック】

TST→テトリス消し。

I回転入れ
TST後もIミノ回転入れを使う事でスムーズなテトリス消しへと繋げる事ができます。

L、逆Lで屋根付け→テトリス消し。

I回転入れ
上のようなテトリス消ししたくても左端に一つブロックが足りない場合、逆Lミノで屋根付けすれば素早いテトリス消しへ繋ぐ事ができます。

I回転入れ

これで回転入れ講座は終了です。
前回と合わせて今回紹介した回転入れを覚えておけば実戦で使える回転入れはほぼカバーできるはずです。
回転入れのパターンを覚えていても実践するとなると意外に難しかったりするので、まずはミスした地形が回転入れできるかどうか見極めるところからはじめましょう。

f:id:mintscore:20191110234604j:plain

f:id:mintscore:20191118134202j:plain

テトリス講座 Vol.15 RENを習得する – ひまつぶしぶろぐ

【テトリス99攻略】ルールや勝ち方を徹底解説 – ひまつぶしぶろぐ

テトリス講座 Vol.14 回転入れを覚える【必要最低限】

テトリス 回転入れ

テトリス講座 Vol.14 回転入れを覚える【必要最低限】

テトリスには回転入れという操作があります。とても便利な技術なのですが回転入れにはいくつもパターンが存在するため覚えるのも一苦労です。
そこで今回は数ある回転入れの中から厳選し実戦でも間違いなく使える絶対に覚えておきたい回転入れをいくつか紹介したいと思います。

回転入れのメリットは?

回転入れをする一番のメリットはミスをリカバリーできる事です。ミスをすると多くはブロック間に隙間ができたりします。通常ではありえない位置にブロックが積まれる事になるのでどう対処していいのか分からなくなります。
そんな時に回転入れを覚えておくとそのミスを帳消しにできる可能性があります。

S字、Z字を使った回転入れ

一番使う場面が多いので真っ先に覚えておきたい回転入れです。

【パターン1】

回転入れ

隙間がS字で埋まっている状況です。普通にハードドロップするだけだともちろん入りませんが、回転入れを使う事で綺麗にはめ込むことができます。

回転入れ

f回転入れ

※屋根に引っかけてから落とすイメージです。
引っかける事のできない下記のような場合は入れる事ができないので注意↓

回転入れ

【パターン2】

回転入れ

形は【パターン1】と同じですが両端にブロックがある場合操作が変わります。

回転入れ

f:id:mintscore:20180905194857j:plain
このように同じような入れ方でも【パターン1】の地形と【パターン2】の地形では回転操作が逆になるので注意。
はじめは混乱するかもしれませんが慣れると自然にできるようになります。

L字、逆L字を使った回転入れ

【パターン1】

回転入れ
このような地形でも回転入れを使う事で綺麗にはめ込む事ができます。

回転入れ

回転入れ

【パターン2】

回転入れ
入れ方に注意すれば問題なく回転入れできます。

回転入れ

回転入れ
までブロックの高さがないと回転入れできないので注意。

【パターン3】

回転入れ
パターン3はこの地形。L字をねじ込むように回転させます。
Tスピンの操作と似ているのでイメージはしやすいと思います。

回転入れ

回転入れ

回転入れはリカバリー以外にもメリットが

回転入れをする一番の目的はミスのリカバリーですが、実は他にもメリットがあります。

ケース①

回転入れ
上図のような時、このままL字を下の穴ブロックに埋めてテトリスでも良いですが、テトリス棒を温存しつつS字を入れた方が綺麗に積めそうな場面です。
こういう時に回転入れを覚えておくと地形を乱さずテトリミノの順番を入れ替える事ができます。

L字を↓位置に置く。

回転入れ

S字の回転入れを使いしっかりと整地↓
回転入れ

ケース②

回転入れ
Z字とS字の順番が悪く普通の置き方だと素早くテトリス消しに繋げられませんが・・・

回転入れ

回転入れ
回転入れを使う事で棒ミノを保持しつつテトリス消しできる体制を作れる。

リカバリーだけでなく積みの幅が広がるのも回転入れのメリットです。テトリス棒をホールドしておく時に役立ったりするのでぜひ覚えておきたい積み方。

以上が実戦でよく使う回転れのパターンです。
ミスのリカバリーやブロックの整地、RENやパーフェクトクリアを狙う上でも役立つのでぜひ覚えておきたいテクニックです。

テトリス講座 Vol.14 回転入れを覚える【応用編】 – ひまつぶしぶろぐ

テトリス講座 Vol.15 RENを習得する – ひまつぶしぶろぐ

テトリス講座 Vol.11 ドネイトを極める – ひまつぶしぶろぐ