フリルが最短で翌日振り込みに!振り込みにかかる日数が大幅短縮!

フリルが最短で翌日振り込みになる!振り込みに要する日数が大幅短縮されます。

先日フリルは11月27日より振込申請から払込までの期間を変更すると発表しました。
申請してから払込までの期間が大幅に短縮されるためフリル利用者にとっては大変嬉しいニュースですね。

変更内容

・11月26日まで
日曜日までに振込申請→次の週の木曜日に振込(最短で4日)

・11月27日から
0時~8時59分までに振込申請→翌日に振込(楽天銀行だと当日に振込)
9時~23時59分までに振込申請→翌々日に振込(楽天銀行だと翌日に振込)

ラクマのシステムと同じになるという事ですね。
どちらも楽天運営なのでこの流れは当然なのかもしれません。

主要フリマアプリの振込日と振込手数料一覧

  振込日 振込手数料
メルカリ 毎週月曜日に申請締切→当週の
金曜日に振込(金曜日が祝日の場
合、翌営業日)
・最短で4日
210円(1万円以上
で無料)
ラクマ 0時~8時59分に申請→翌営業日
9時~23時59分に申請→翌々営
業日
・最短で1日
210円(1万円以上
で無料
フリル 0時~8時59分に申請→翌営業日
9時~23時59分に申請→翌々営
業日
・最短で1日
210円
オタマート 1日~15日に申請→当月の20日
16日~月末に申請→翌月の5日
・最短で5日
210円(1万円以上
で無料)
ミンネ 月末締め→翌月末払い
・最短で1カ月
172円
クリーマ 申請月→翌月末払い
・最短で1カ月
172円(3万円以上
で270円)
チケットキャンプ 平日15時までに申請→即日
それ以外の時間帯→翌営業日
・最短で即日
380円

※フリルは2017年11月27日より開始。
※ラクマ、フリルは楽天銀行だと即日振込も可能。

(注意!)フリルはメルカリやラクマと違い振込金額にかかわらず210円の振込手数料がかかってしまいます。
前まではフリルも1万円以上の振込は無料だったんですが・・・なぜ変えたんだ・・・

振込に関して3大フリマアプリを比較

・メルカリ・・・1万円以上は無料だが、振込までに時間がかかる。
・フリル・・・振込までの時間は速いが金額にかかわらず手数料(210円)がかかる。
・ラクマ・・・1万円以上は無料で振込までの時間も速い。

フリルの振込日数が大幅短縮されるのはとても嬉しい事ですがこれに振込手数料も加味して考えると、やはりラクマがまだ一番便利ですね。
とはいえフリマアプリはまだまだメルカリの1強時代が続いているので他フリマアプリにはもっとサービスを充実させるなどの対抗措置を取ってもらい利用者を増やしてほしいところです!

メルカリ、ラクマ、フリル・・・どのフリマアプリが一番お得なの??徹底比較

メルカリ、ラクマ、フリル・・・どのフリマアプリが一番お得なのか

 

メルカリ、ラクマ、フリル・・・どれも人気なフリマアプリですが(利用者数はメルカリ一強になるけど)販売手数料、振り込み手数料、送料負担など運営会社によって変わってきます。
出品者側、購入者側、療法の観点からどれを使えばお得になるのか?という事で調べてみました。
※追記 ラクマとフリルのサービスが統合され新ラクマとして生まれ変わったため、メルカリとラクマで比較していきます。

・販売手数料
・独自の配送方法
・購入申請の有無
・フォロー機能
・振り込みにかかる日数

これらの比較をしていきたいと思います。

【1】販売手数料

メルカリ・・・売上金の10%
ラクマ・・・売上金の3.85%
メルカリは売上金から10%引いた額が販売者の利益です(1万円の商品が売れたら9000円の利益)
対してラクマは売上金の3.85%。
よって販売手数料という点で考えるとラクマは出品者側にとっては有利なサイトと言えそうです。

 

【2】独自の配送方法

メルカリ・・・メルカリ便
ラクマ・・・かんたんラクマパック
フリル・・・かんたんフリルパック
一般的な配送方法は郵便局を使った配送(定形外郵便やゆうぱっく)とクロネコヤマト(ネコポスや宅急便)となり料金もサイズや重量により一定に決まっています。
ですが、各社とも日本郵便やヤマト運輸と提携して独自の配送方法サービスを行っています。
特徴としてはそのまま郵便や宅急便で出すより安価で発送できる事です。

・通常のゆうパケットの料金

厚さ1cm以内・・・250円
厚さ2cm以内・・・300円
厚さ3cm以内・・・350円

・メルカリ便ゆうパケットの料金

厚さ3cm以内・・・175円

・ラクマ定額パックゆうパケットの料金

厚さ3cm以内・・・179円

このようにフリマアプリ独自の配送方法経由だと同じ配送方法でも安くなります。フリマアプリ独自サービスなのでガンガン活用しましょう。フリルは日本郵便と提携していないので今度はヤマト運輸で比較してみましょう。

 

・宅急便コンパクト(60サイズまで)の各社料金

・らくらくメルカリ便・・・380円
・かんたんラクマパック・・・530円
・かんたんフリルパック・・・530円

 

・ネコポスの各社料金

・らくらくメルカリ便・・・195円

・かんたんラクマパック・・・200円

・かんたんフリルパック・・・200円

 

配送方法と配送料金についてはまた詳しく書こうと思いますが、独自の配送サービスに関しては料金面でメルカリが一歩リードしています。

 

【3】購入申請の有無

メルカリ・・・無
ラクマ・・・有
フリル・・・

購入申請は出品者が購入したい商品があった時に「買ってもいいですか?」という申請をして購入者側の許可が下りたら購入できるシステム。
メルカリは欲しいと思った商品を即購入出来ます。
対してラクマは出品者側が購入申請有りか無しかを自由に設定出来ます。
購入者側の立場からすると即購入出来るメルカリが有利、
出品者側の立場からすると購入前にその人を見て売るか売らないか判断出来るので安全面でみるとラクマが有利
と言えます。

 

【4】フォロー機能

メルカリ・・・
ラクマ・・・
フリル・・・

フォロー機能とはお気に入り機能のようなものでその人をフォローするとフォローリストからその人のページに行く事が出来ます。
これはメルカリとラクマとフリル全てにフォロー機能が実装されているので自分興味のある商品をたくさん出品している出品者を見つけたらどんどん活用していきたいですね!

 

【5】振り込みにかかる日数

メルカリ・・・毎週月曜日までに申請・・・その週の金曜日に振り込み(金曜が祝日の場合翌営業日)
ラクマ・・・楽天銀行の場合・・・最速で当日中、遅くても翌営業日
      その他金融機関の場合・・・最速で翌営業日、遅くても翌々営業日
フリル・・・楽天銀行の場合・・・最速で当日中、遅くても翌営業日
      その他金融機関の場合・・・最速で翌営業日、遅くても翌々営業日

これは圧倒的にラクマが早いですね。メルカリはどんなに早くても4日後、申請のタイミングが悪いと10日ほどかかってしまいます。ラクマは早ければ当日中、遅くても2日後には振り込まれます(振込日が土日祝の場合は翌営業日)

ただしメルカリにはお急ぎ便というサービスがあり、これを使えばラクマと同等の早さで振り込みできるようになります(200円手数料がかかる)。

 

以上5つの項目から比較してみました。項目によってメリットデメリットがあるのでその時の自分に一番合ったフリマアプリを使い分けていくのが一番お得になるのかもしれません。これからも色々な角度から詳しく比較していこうと思います。

個人的には購入者、販売者どちらの立場から見てもメルカリを推したいです。
自分が狙っていた商品が思わぬ安価で買えたりしますし、ラクマより販売手数料分を上乗せして値段を付けて売ってもメルカリの方が早く売れる事の方が多いからです。
やはり低価格配送などのサービスが充実している事、そして利用者が圧倒的に多いという事がなによりの強みです。