悲惨・・・パチンコ業界の未来は暗い

悲惨・・・パチンコ業界の未来は暗い

パチンコ業界
年々遊戯客数が減少しているパチンコ産業。2016年からはじまった様々な規制により更にパチンコ離れが加速しています。実際に近所のパチンコ店が潰れているのをよく見かけるようになりパチンコパチスロ業界の未来は明るいとは決していえない現状ですが、ここから再建を図り復活する事は可能なのでしょうか?

パチンコ産業の規模の減少

【売上高】
30兆円→19兆円に。
2000年代前半には約30兆円の市場規模を誇ったパチンコ業界ですが、
相次ぐ規制強化に若者のパチンコ離れも加わり、20兆円を下回るまでに凋落しました。

【ホール(店舗)の数】
最盛期の1万8,244店舗→1万店舗以下に
警察庁の集計による全国のホール数は、平成25年末時点で1万1,893店舗にのぼりますが、これは平成7年の1万8,244店舗をピークに18年連続で減少した結果の数字です。
さらに2019年3月時点では1万店舗を下回る9153店舗というデータもあり、特に中小規模のホールの倒産に歯止めがきかない状況です。

【パチンコ遊戯人口】
最盛期の3000万人→1000万人以下に
最盛期は日本人の4人に1人が楽しんでいたパチンコ・パチスロが今は13人に1人という結果に。

この参加人口の激減がパチンコ産業の凋落を一番表しているものといえるでしょう。
売上高は減ったとはいえ最盛期の約2/3を保っている一方で参加人口は最盛期の1/3以下にまで減りました。一人当たりの売上高は増えているのに全体の売上高は減少している。これが何を表しているかというと、新規客の取り込みが出来ていないことになります。データが示す通り、ヘビーユーザー頼りになっているパチンコ業界の未来が明るいとはいえません。

なぜここまでパチンコ産業が衰退しているのか

【1】借金の総量規制
平成22年から施行された総量規制では年収の3分の1以上の貸付は禁止となりました。消費者金融やクレジットカード会社、事業者金融会社、信販会社のキャッシングなど、個人向けとなるサービスが対象です。

逆にいえば借金の総量規制が行われる前は個人でサラ金等からどんどんお金を借りる事が出来た訳ですね。
お小遣いの中で遊んでいる客と莫大な借金をして打っている客。ホール側からみればどちらもお金を使ってくれるお客様に違いありません。
こうした当時の状況も手伝ってホールは大変賑わっていました。これが規制により借金出来る上限がかなり抑えられ、パチンコ店に行くお金がそもそも無いというという状況が増えたという事になります。この規制は個人的にはギャンブル依存症を治すきっかけとなるとても良い規制だったと思います。

【2】ギャンブル性の高い機種の規制

f:初代ガロ

初代北斗の拳
パチスロ全盛期を支えた4号機の規制。
そして2016年、ついにパチンコにも規制の波がやって来ました。
ギャンブル性の高い機種(確変継続率約80%のマックス機)が規制される事になりました。(ミドル機でも確変継続率65%までに規制)。
大負けもありますが大勝ちも出来るギャンブル性の高い機種は遊戯客からの人気も高くホールの主力機種として稼動していましたが、規制により全面撤去する事になりホール側にとっても大きな痛手となりました。
※現在では規則改正により確変継続率65%の上限措置は撤廃されました。
規制緩和のように見えますが出玉率の上限規則があるので出玉性能的に大きな差はありません。

【3】イベントの告知禁止
ホール側でまともにイベントの告知をすることはできない状態になりました。
告知方法を工夫しなければ、イベントを開催すること自体難しいでしょう。

≪使ってはいけない言葉の一例≫
●イベント
●MAX
●おすすめ台
●最強
●アンコウ
●赤字
●強化
●店長の一押し

イベントが大々的に行われていた頃にはホール側も本当に力を入れている所が多く、客にとってもイベントの日は勝ちやすいという信頼性もあったので(優良店に限る)イベントと銘打った告知は集客効果抜群でした。
ところがこれが廃止され、客側もどの日にどの機種を打てば勝ちやすいという事が分かりにくくなり、客足が遠のく一因になったと言われています。

【4】芸能人やライターの来店イベント禁止

こちらも集客効果のあった有名人来店の告知イベントですが2016年に東京都がライターイベントの告知を全面禁止に。
一般のイベント告知に加え、有名人来店の告知も一切出来なくなりました。東京都で始まった規制は全国に広がる可能性が高く、実際今では多くの都道府県が告知禁止となっています。

【5】等価交換の禁止

2015年11月に東京都で等価交換全面禁止。
現在でも等価のホールはありますが全国的に非等価の流れは進んでおり、仕事帰りのサラリーマンや専業主婦など限られた時間にしか遊戯できない客にとってはつらい状況になりました。

次々と襲った規制ラッシュによりパチンコ業界は衰退・・・果たして未来はあるのか

様々な規制ラッシュにより急速に衰退しているパチンコ業界ですが、ここからの復活劇はありえるのでしょうか?
復活の可能性として考えられるのは「ドラゴンボール」や「ワンピース」等の超キラータイトルの参入による新規客の獲得、規制緩和によるギャンブル性の高い機種の導入、などがあげられますが、2020年に東京でオリンピックを控えている事やカジノ解禁が近づく中、やはり受難の日々はまだまだ続きそうです。

【パチンコ貯玉補償基金】その貯玉貯メダル大丈夫?パチンコ店が潰れた時に備えて絶対に確認しておきたい事

【貯玉補償基金】その貯玉は大丈夫?パチンコ店が潰れた時に備えて絶対に確認しておきたい事

近年では出玉規制やイベント規制、借金の総量規制などの影響でパチンコ店が続々と閉店しています。
ピーク時には17000店以上あったパチンコ店も今では10000店ほどになり特に規模の小さい店舗の閉店が目立っています。
そこで気になるのが自分が貯玉貯メダルをしているパチンコ店は大丈夫なのか?万が一閉店した場合補償はどうなるのか?という事。
今回は貯玉補償制度について詳しく見ていきたいと思います。

貯玉補償制度とは?

貯玉補償制度は天災や倒産などの不測の事態に備えてユーザーの貯玉を補償してくれる制度です。

【1】データのバックアップ
店舗とは別のセンタ事業者が貯玉貯メダルの預入データをバックアップ、管理します。2重の管理をする事で天災や機器故障などで店舗の貯玉貯メダルのデータが失われるのを防ぎます。

【2】貯玉の補償
店舗の倒産などで万が一交換が不可能になった場合、貯玉補償基金が加盟店に代わって補償してくれます(補償範囲は貯玉25万発、貯メダル5万発まで)。

補償内容は?

補償内容は現地もしくは貯玉補償基金から送られてくるカタログから貯玉貯メダル分の商品を選択し受け取る形になります。
補償商品は食品や家庭用品(電化製品含む)などの一般雑貨が中心です。

※現金、商品券、有価証券など換金性の高い物に変える事はできないので注意が必要です。
まだ価値のありそうな電化製品に交換して売ったとしても現金にすると3割ほど戻ってくるぐらいでしょうか。それなら素直に自分が欲しい商品に変える方が良い気がしますね。

貯玉補償基金加盟店は?

現在補償基金に加盟しているパチンコ店は約6500店舗。
パチンコ店は現在約1万店舗以上あるので1/3以上のパチンコ店が未加盟という事になります。
加盟していない店舗が倒産してしまった場合、貯玉に対して何の補償も受ける事ができなくなります。何万発も預けているユーザーにとっては大損害を被る事になるので万が一に備えて加盟店を調べておきましょう。

加盟店一覧 | 一般社団法人貯玉補償基金

リスクに備えて貯玉は適度に

貯玉はとても便利なサービスなので利用しているユーザーも多いと思います。
現在貯玉と貯メダルの預入総額は分かっているだけでも1000億円以上あります。恐ろしい数字ですね・・・
ユーザーに出来る事はまずは貯玉補償基金加盟店の確認、そして貯玉は適度に交換して不測の事態への備えを!

【生涯初】パチンコのプレミア外しを体験してしまったお話

【生涯初】パチンコのプレミア外しを体験してしまったお話

f:id:mintscore:20180928201340j:plain
全盛期に比べて衰えてきているとはいえ、まだまだ遊戯人口の多い【パチンコ】【パチスロ】。自分自身もう何年も行ってないのですが、生涯で一度だけ経験してしまった『プレミア外し』という事態。
今回はその事についてお話したいと思います。

プレミア外しって何?

一般的な解釈をするとプレミア演出とは大当りを前もって知らせてくれる事を指します。
有名なところだと『海物語のサム演出』『レインボー演出』がこれにあたりますね!
プレミア演出が出た瞬間はユーザーが最も歓喜する場面の1つです。

そもそもプレミア演出は大当りが100%確定するわけではない?

雑誌やネットの機種情報ではプレミア演出を紹介する際【大当り濃厚】という表現を使っています。
これは「大当りする可能性がほぼ100に近いけど外れる可能性も0ではないですよ」という事。つまり機械のバグなどによって起こりえる事もあると解釈できます。

それでもプレミア外しは都市伝説級の出来事!?

プレミア演出が外れた話はネットではたまに聞きますが、私の周りでは聞いた事ありませんし実際ホール内で見た事もありません。

これはプレミア外しが起こる確率が『0.000…1%』というとんでもなく低い数字という事と、単にプレミア演出が出たと勘違いしてしまったと思う事(これは実際多そう)が重なってプレミア外れはもはや都市伝説の扱いになっています。

動画や画像を検索しても出てくる物はごく僅かで、プレミア外しなんて信じられないと思っていました。自分が体験するまでは.・・・

プレミア外しを経験した台

ここで本題に。プレミア外しを経験した台は2014年に導入された(平和)CRAルパン三世~主役は銭形~99.9ver.という台

【機種データ】
大当り確率:1/99.9
ST確率 :1/25.9(10回転まで)
ヘソ   :(16R+100回転)7% (4R+10回転)93% 
電チュー :(16R+100回転)25%  (4R+100回転)75%

大まかにかくと大当り終了後右打ちして(電チュー消化)そこで大当りしたら以降100回転(ST10回転+時短90回転)の電チューがもらえる。いわゆる時短突破型の機種です。

起こってしまったプレミア外しとは

この機種のプレミア演出として『即逮捕』というものがあります。
大当りラウンド中にルパンを捕まえる事ができれば電チュー保留内のどこかで当たりますよ(保留連)、というもの。似たようなものだと『甘海物語のラウンド消化後の金魚群』演出がありますね。

そう、この演出の後起きてしまったんです!

『即逮捕』という文字が画面左側に出ているにもかかわらず見事にSTをスルーしてしまいました・・・

電チュー保留をさくっと消化した時点でポカーン。あれ、演出の見間違い??
いやいや、この機種は海物語の金魚群と違ってラウンドが終わって変動がスタートしても『即逮捕』という文字が画面左上にドカンと残るのです。

つまりSTを抜けて時短消化に入ってもまだ『即逮捕』という文字がデカデカと残っています。一応記念として写メも撮りました(笑)

ちなみにこの時は時短中に当たったので文字は消えてしまいました。
当たらないまま通常に戻ったらあの文字はどうなっていたんだろ?デカデカと残ってたんだろうか・・・
おそらく機械のバグだと思われます。かなり珍しい体験をしてしまいました。

以上、生涯一度のプレミア外しを体験したお話でした!
プレミアの中でも瞬間的な演出とは違ったタイプだったからこそ勘違いじゃないと確信できたのかもしれませんね。

店に行かなくなって数年経ちますがネットで調べてみると、この『即逮捕バグ』はごく稀にあるみたいで今となってはある意味貴重な体験ができたと思っています(笑)