【テトリス99】「通常部屋」「VIP部屋」「チームバトル」の違いを解説

テトリス99

【テトリス99】「通常部屋」「VIP部屋」「チームバトル」の違いを解説

テトリス99には対人戦で遊べるものとして「通常部屋」「VIP部屋」「チームバトル」の3つのモードがあります。
現在のテトリス99において各部屋の違いや難易度について詳しく解説。

各部屋の特徴

f:id:mintscore:20200610012941p:plain

部屋名 ルール
通常部屋 テトリス99の通常ルールでテト1を目指す。
VIP部屋 テトリミノの落下速度が通常部屋より速いルールの中でテト1を目指す。
チームバトル チームでテト1を目指す。

【通常部屋】
圧倒的にプレイヤー人口の多い部屋。
人が集まるのが早いのですぐ遊ぶことができるが試合時間が長いのが難点。
初心者も数多くいる部屋なので最も1位をとりやすい部屋。

【VIP部屋】
通常部屋で1位をとったプレイヤーのみが入る事のできる部屋。
通常部屋よりもミノ落下速度のペースが早く、終盤になると最大重力付近まで達する。
かつては強豪が集まる部屋として機能していたが、ミノ落下速度によるゲーム性と試合開始までに時間がかかる事から現在は最もプレイヤー人口が少ない部屋。

【チームバトル】
4チームに分かれてチームで勝利を目指す部屋。
通常部屋やVIP部屋と違い戦略の「とどめうち」がないのでバッジが集めづらくなっている。またチームバトルにのみ観戦機能がついており上手いプレイヤーを観戦したり応援する事も可能。
決着が早く着きやすい為現在では最も強豪プレイヤーが集まりやすい部屋となっている。

3部屋の難易度

現在の環境では易しい順に「通常部屋」→「VIP部屋」→「チームバトル」となっている。
※「通常部屋」「VIP部屋」はテト1、チームバトルは自分が最後まで生き残った状態でチーム勝利、を条件とした難易度。

通常部屋は初心者の割合が多い事と猛者の割合が少ないため1位をとれる難易度は低め。

VIP部屋はミノの最大重力によりはじめの内はかなり苦戦する可能性はあるが、ゲーム性に慣れてしまえば比較的簡単に取る事ができる。

チームバトルは強豪プレイヤーが多く、バッジ集めも「とどめうち」がないため戦略任せにしたままだと終盤までにバッジが全く集まらない事がある。
安定して勝つにはしっかりと盤面を凝視してゲームオーバー寸前のプレイヤーを手動で狙っていく技術が必要になる。

部屋によってそれぞれ違う楽しみ方があるテトリス99

通常部屋でそこそこ勝てるようになってきたらVIP部屋に挑戦するも良し、上手い人のプレイを観戦する目的でチームバトルに参加するも良し。難易度は違えど楽しみ方が豊富にあるのがテトリス99の良いところです。
通常部屋に飽きてきたら更なるレベルアップのためチームバトルに積極的に参加して凝視と手動ターゲットを使ったバッジ集めの練習をしてみるのもいいかもしれません。

【テトリス99攻略】ルールや勝ち方のコツを徹底解説 – ひまつぶしぶろぐ

【テトリス99】猛者が集う「VIP部屋」を攻略 – ひまつぶしぶろぐ

テトリス99に待望のチームバトルが追加!仕様や戦略について解説 – ひまつぶしぶろぐ

テトリス99はTスピンもRENも知らない初心者でも1位になる事ができる

テトリス99はTスピンもRENも知らない初心者でも1位になる事ができる

テトリス初心者が1位をとるために覚えるべき戦略とルールについて解説。

テトリス99のゲーム性を理解する

テトリス99は99人の中から最後まで残る1人を決めるゲームです。
他のテトリスゲームの1対1バトルではないので求められるスキルが全く違います。
積みや堀りなどの基礎的なスキルは必要ですが、単純に1位をとるだけならTスピンやRENを覚える必要はありません。
テトリス99ならではの戦略を理解した戦い方を習得した方が勝率が上がります。

戦略の重要性

テトリス99はバトルロワイヤルならではの独自ルールが2点存在します。

【バッジ】
プレイヤーをKOする事で獲得できる。
バッジを集めるごとに攻撃力が上がっていき上限値である30枚を集めると攻撃力2倍となる。
プレイヤーを倒すとそのプレイヤーが所持しているバッジを全て奪い取る事が可能。

【バッジ数と攻撃力について】
2枚→25%UP
6枚→50%UP
14枚→75%UP
30枚→100%UP

中盤まではバッジ数を気にする必要はないが、残り10人を切ると攻撃が飛んできやすくなりこちら側もそれに対処する火力が必要になってくるので最低でも残り10人時でバッジ50%UP、残り2~3人時で75%UPの状態にはしておきたいところ。

【戦略】

f:id:mintscore:20200604195438p:plain
戦略はテトリス99において非常に重要な要素です。
状況に応じて切り替える(右スティックで操作)事でゲームを有利に進める事ができます。

【ランダム】ランダムで一人のプレイヤーを狙う。攻撃する度にターゲットが切り替わる。
【とどめうち】ゲームオーバー寸前のプレイヤーを狙う。
【バッジねらい】バッジを多く所持しているプレイヤーを狙う。
【カウンター】自分を攻撃してくるプレイヤーを全て狙う。

【バッジ集めと危険回避の効率的な戦い方】

状況 戦略
通常時 とどめうち
3人以上に狙われている時 カウンター
相手からの攻撃が激しい時 ランダムor手動でターゲットを切り替え

基本的にはバッジを集めやすい【とどめうち】にしておく。
3人以上に狙われている状態ならカウンターに切り替え。

そして次がテトリス99を戦う上で一番大事な事ですが、相手からの攻撃が頻繁に飛んでくる場合こちらの攻撃先のターゲットがカウンターを発動している可能性が高く、これを放置しておくと火力がどんどん飛んできて一気にゲームオーバーになる危険があります。
このような場合ターゲットを切り替える事で攻撃がおさまる可能性が高いので、できるだけ早い段階でランダムもしくは手動でターゲット先を変更しましょう。
手動のターゲット変更は左スティック操作で可能です。

f:id:mintscore:20200605013020p:plain

戦略を使いこなせるようになるとテト1も十分可能

戦術を覚えると普通にプレイするよりもバッジが格段に集まりやすくなり危機も回避しやすくなります。
戦略といっても上記の事を実践するだけなのでそこまで難しい事ではありません。
テトリスの基礎がついてきたら戦略を取り入れてテト1を目指しましょう!

・テトリスの基礎である積みから学ぶ。
テトリス講座 Vo.1 基礎中の基礎編-初心者が上達するためのコツ – ひまつぶしぶろぐ

・テトリス99の攻略やルールについてもう少し詳しく解説。
【テトリス99攻略】ルールや勝ち方のコツを徹底解説 – ひまつぶしぶろぐ

・勝率を上げたいorチームバトルで勝つために覚えるスキル【Tスピン】【REN】
テトリス講座 Vol.4 Tスピン – ひまつぶしぶろぐ

テトリス講座 Vol.15 RENを習得する – ひまつぶしぶろぐ

【テトリス日記】10年以上前のトッププレイヤー勢の対戦動画が出てきた

【テトリス日記】10年以上前のトッププレイヤー勢の対戦動画が出てきた

先日部屋の掃除をしていると大量のCDROMを発見。
何を保存していたのか全然覚えていなかったので興味本位でCD-Rを再生していくと大量のテトリスDSの対戦動画データが出てきた。もう10年以上前のものと思われる。
動画に出ている当時のトッププレイヤー達の名前にちょっと懐かしさを感じたのでじっくり見てみる事にしました。

テトリスDSの4人戦のデータ

出てきた動画がテトリスDSのフレンド4人戦の対戦動画(2人戦もあったけど)。
対戦しているプレイヤーの名前も当時トップ層であった方達。
現在テンプレ名として知られているよしひろ氏やSTMBー氏の名前もあり非常に懐かしい気持ちに。
そういえば当時は『STMB-』『TGM-』『TCM-』みたいに名前の前にタグ付けるの流行ってたな。

f:id:mintscore:20200515181834j:plainさて、一通り動画を見返してみると現テトリス環境での戦い方と違う事が改めて分かりました。

【戦術に関して】
堀りと削りと相殺を重視している事。
【Tスピンに関して】
Tスピンミニを多用している事とTスピントリプルがほぼ使われていない事。

テトリスDSはライン消去時間が非常に長い事に加えRENも存在しないので効率的な掘り方と削り方が重要視されるゲーム。
加えてワールド戦と比較して直通率が高いフレンド戦では隙の少ない戦いが求められるので現テトリス環境と比較してTスピンの扱いに違いが出ている。
今でいうTスピンミニがTスピンシングル扱いだったのでよしひろ積みがかなり使えた記憶が。

Tスピンに関してはTスピントリプルが打ちやすくなった現在のテトリスゲームの方がバランスが良くなったと思いますが、当時からTスピントリプルを多用しているプレイヤーって誰かいたかなと思いさらに動画を掘り下げてみる事に。
当時強豪のTスピン使いといえばノア氏やTKI氏が思い浮かびますが残念ながら二人の動画は見当たらず・・・諦めかけていたら最後の動画でそれらしいものが。

f:id:mintscore:20200515140934j:plain
名前を変えていたっぽいのでどなたかは分かりませんがテンプレをバンバン使っている動画を発見(真ん中の形はトリニティっぽいけどちょっと違う)。
ちなみに上の形からTスピンダブル→Sミノで1ライン消し→TST→TSTと繋いでいました。

Tスピントリプルが軽視されていた時代とはいえロマンを追い求めるプレイヤーはやっぱり見ていて楽しいですね!
なおTスピントリプルを含んだテンプレの中でも頻繁に使われていたのがTDアタック。
この時代から非常に扱いやすく重宝されていたテンプレだった事が分かります。

f:id:mintscore:20200515143053j:plain

【感想】
10年以上前の動画を改めて見てみた感想は、今の時代でいうとテトリス99の戦い方に近いかなという印象。RENはないけど戦術重視と守り重視なところが似ている気がする。
とはいえ動画を全て見返したわけじゃないので今度じっくり見て新たな発見があったらまた日記の方に書こうと思います。
それではまた!

テトリス講座 Vol.17-2 その他のTスピンテンプレ紹介【後編】

テトリス講座 Vol.17-2 その他のTスピンテンプレ紹介【後編】

Tスピンテンプレ『ハンバーグ積み』『永久機関』『マジカルキー』『DKS』等のテンプレを紹介。

ハンバーグ積み

ハンバーグ積み

Zミノを左端に横置きしてTSSを打ち続けるテンプレ。
テトリス消しと織り交ぜながら半永久的に作る事ができる。

ハンバーグ積み
テンプレ自体を作る事は難しくないですが延々と組むには少し慣れが必要です。

ハンバーグ積み

永久機関

永久機関
半永久的にTSTを打ち続けるテンプレ。
実戦向きではないがマラソンやウルトラなどのスコアを競うモードでよく使われる。
開幕で組む事もできるがDT砲からの派生で組む事もできる。

永久機関

永久機関

永久機関は形こそ複雑に見えますが中身はTSTタワーを左右交互に組み続ける事です。
TSTタワーに馴染みがあれば割と早く習得できると思います。

永久機関

固定して置くミノを覚えておく。左から5列目以降はフィーリング積み。

永久機関

先置きできるミノも把握しておくと組みやすくなる。
永久機関

マジカルキー

マジカルキー
鍵の形をしたTSD→TSTのテンプレ。
TSD消化後に屋根付けでTSTになる。

マジカルキー

ロマンTスピンテンプレ

超火力を誇るロマン技テンプレ。

TDT砲

DKS

TST→DT砲のテンプレ。DKS砲とも呼ばれる。決まれば凄まじい火力となる。

DKS

DDT砲
f:id:mintscore:20200510202533p:plain
TSD→DT砲のテンプレ。火力の高いロマン技。

f:id:mintscore:20200510205617p:plain

【テトリス99攻略】ルールや勝ち方のコツを徹底解説 – ひまつぶしぶろぐ

テトリス講座 Vol.10-3 テンプレ最終章【上級者向け】

トリプルダガー

テトリス講座 Vol.10-3 テンプレ最終章【上級者向け】

Tスピンテンプレ講座の最終章です。
テンプレ最終講座では以前に扱ったテンプレの中から特に習得した方が良いテンプレをピックアップして詳しい解説をします。色々な組み方を覚える事でTスピンのさらなるバリエーションアップを目指します。

STSD【応用編】

f:id:mintscore:20200422193233p:plain
STSD(TSD×2)は対戦中に使う場面も多く火力アップに欠かせないテンプレです。

【屋根を先付けするSTSD】
段差計算がしっかりできていれば屋根を予めつけておく事でSTSDにする事ができます。
先に屋根を作る場合は4段分マス目を空けてブロックを置くと覚えておきます。

f:id:mintscore:20200423144851p:plain

f:id:mintscore:20200422195209p:plain

f:id:mintscore:20200422201816p:plain

f:id:mintscore:20200422202246p:plain

TDアタック(応用編)

f:id:mintscore:20200423145623p:plain
TST→TSDのテンプレ。
やっかいなブロックをTST→TSDを打ちながら解消しつつ下穴へと繋げる事ができる非常に優秀なテンプレ。
一見複雑そうに見えますがやっている事は下穴の上にTSTの形を作るだけです。

f:id:mintscore:20200423152532p:plain

慣れてくると下図のような地形でもTDアタックを狙えるようになります。

f:id:mintscore:20200423153354p:plain

ダブルダガー【応用編】

f:id:mintscore:20200423161906p:plain
TSD→TSDのテンプレ。
TSDの上にもう一つTSDを作るイメージ。
火力の底上げになる優秀なテンプレ。
ダブルダガーを作るうえで大事な事はしっかりと段差が合うようにイメージする事です。

f:id:mintscore:20200423163927p:plain

最も簡単な作り方はJLを使うやり方なのでまずはJLで作る事を意識してみましょう。

f:id:mintscore:20200423163301p:plain

もちろんJLSZを組み合わせて作る事も可能です。

f:id:mintscore:20200423165444p:plain

実践向きではありませんがダブルダガーの上にさらにTSDを作るトリプルダガーという技もあるのでご参考までに。
【トリプルダガー】

f:id:mintscore:20200423170719p:plain

中盤に使うDT砲(途中DT砲)

f:id:mintscore:20200423183142p:plain現在開幕テンプレとして有名なDT砲ですが、元々は中盤で使われていた技なので非常に使い勝手の良いテンプレです。
組める場面も多いので開幕に限らず覚えておきたいテンプレ。

【応用編】TSD→DT砲の先読み

f:id:mintscore:20200423190141p:plain

STMB-cave-【応用編】

f:id:mintscore:20200423192215p:plain

空中でTSDを作るテンプレ。
前講座の基本テンプレに加えTSDの上部でSTMBケイブを作れるようにする。

f:id:mintscore:20200423194605p:plain

ダブルダガーとSTMBケイブはTSDを2つ作る上で優秀なテンプレです。
この2つを使いこなせるようになるとTスピンを作る機会がかなり増えます。
上級者になればなるほど火力の底上げが必要になるのでできるだけ多くのテンプレを覚えてTスピンのバリエーションを増やしていきましょう。

テトリス講座 Vol.11 ドネイトを極める – ひまつぶしぶろぐ

テトリス講座 Vol.12 最適化への道【前編】 – ひまつぶしぶろぐ

【テトリス講座】初心者がやってしまいがちな積み方=地形が悪くなる積み方について。

【テトリス講座】初心者がやってしまいがちな積み方=地形が悪くなる積み方について。

テトリス上達に欠かせない積みスキル。
初心者の内はテトリミノを積んでいく内に地形が乱れてしまい綺麗に積みこみができない事がよくあります。
今回は地形が崩れてしまう原因となる積み方をいくつか紹介した上で修正、上達する方法について解説します。

初心者に共通している積み方

初心者に共通して言える事は積み全般においてテトリミノを何も考えずにそのまま置いてしまうという事です。
単純明快ではありますが地形が悪くなってしまう圧倒的な原因がコレです。

今降ってきているミノを置く場所を考える事に加え
「置いた後どういった地形になるのか?」
「ネクストミノやホールドミノが置ける場所を考えた置き方をしているのか?」を考える事が非常に重要です。

この意識を持つだけで積みの幅がグンと広がります。
では後々地形が崩れてしまう原因となる積み方とはどのようなものなのでしょうか?

【1】凹凸地形

f:id:mintscore:20200407175243p:plain
テトリスをはじめたての内は降ってくるミノをさばく事で精一杯なので、無意識のまま凹凸地形にしてしまいがちです。
特に凹地形にしてしまうと後々地形が悪くなる原因となるのでできるだけ凹凸地形になる事を避けて積んでいくようにします。

f:id:mintscore:20200407181821p:plain

【2】テトリミノの無意味な縦置き

f:id:mintscore:20200407182433p:plain
テトリミノは回転する事で縦向き、横向きにする事ができます。しかしミノを縦置きして置くという事は2段以上の段差を生む事が多いので後々置けるミノが限られてしまいます。
もちろん縦置きした方がうまく積みこみできる事がありますがそのほとんどが端壁に引っ付けるようにして置く場合です。ミノはなるべく横置き(寝かせて置く)にして段差を少なくして平らに積んでいきましょう。

・3段以上の高さになるような積み方はしない。
3段以上の高さにしてしまうと解消できるのは棒ミノのみになってしまいます。
3段以上の高さになる積み方はなるべく避けるようにしましょう。

f:id:mintscore:20200408155825p:plain

・2段以上の高さになる時はネクストミノを確認してから積む。

2段の高さにする時もミノの順番によっては地形が悪化してしまいます。

f:id:mintscore:20200408161549p:plain
上記のように置いてしまうと端に置けるミノが棒ミノを除くと1種類だけになってしまうので、ネクストミノをしっかり確認してから置くようにします。

【ケース1】

f:id:mintscore:20200408163143p:plain
このような地形の場合、何も考えずにZミノを縦置きしてしまうと・・・

f:id:mintscore:20200408163840p:plain
2段の段差が2つ生まれてしまいJLミノが早い段階で来ないと地形が乱れてしまいます。
このようなケースはホールドにあるSミノを取り出し横置きした方が後々綺麗に積んでいける可能性が高くなります。

f:id:mintscore:20200408164714p:plain

【ケース2】

f:id:mintscore:20200408165216p:plain

Lミノをそのまま左の窪みに縦置きしてしまうと・・・

f:id:mintscore:20200408165552p:plain
これも2段の段差が生まれてしまいます。
そしてネクストミノにはフォローできるJミノが来ていないのでこれも地形悪化の原因となってしまいます。
このようなケースはホールドにあるZミノを取り出し横置きする事によって平らな地形をキープする事ができます。

f:id:mintscore:20200408170737p:plain
【ケース1】【ケース2】でも挙げましたが、積みをする上でホールドは非常に大事な要素という事です。
今操作しているテトリミノだけではなくホールドしてあるテトリミノにも気を配り常に2つの選択肢がある事を意識しながら積んでいく事で積みの幅が圧倒的に広がります。
これを使いこなせるようになると積み初心者は脱却したといえるほどなのでホールド機能は積極的に使っていきましょう。

【3】縦置き後の形を把握する。

【例】

f:id:mintscore:20200408175608p:plain

上記のような地形の時に右側を掘るためにそのままTミノを縦にして消してみます。

f:id:mintscore:20200408175949p:plain
Tミノで消した後の右側の地形がSミノで消化できなくなってしまう事が分かります。
このケースの場合Sミノから先に消す事でその後の地形も綺麗に消す事ができます。

f:id:mintscore:20200408181006p:plain

上記例のようにSZミノを縦置きした上にTミノを置くと
『S→T→Z』『Z→T→S』と置けるミノが変化します。

f:id:mintscore:20200408181901p:plain

同様にJ、L、IミノもIミノを挟む事で上に置く事ができるミノが変化する。
『J→I→L』『L→I→J』

f:id:mintscore:20200408183317p:plain

「このミノを置いた場合どのような地形になるのか?」
「結果どのミノを置けるようになるのか?」
このように積んだ後の地形をしっかり把握しておく事でネクストミノやホールドミノからどのテトリミノを使うべきなのかを判断しやすくなり、結果的に隙間なく綺麗に積んでいけるようになります。
積みや堀りをする上で役立つ知識なので覚えておきましょう。

以上、初心者がついついやってしまいがちな積み方について解説しました。
大事なことはただ単にテトリミノを置いてしまうのではなくネクストミノを見ながらホールドを駆使しつつ地形が悪くならないように積んでいく事です。
慣れると必ず綺麗に積む事ができるようになるのでまずは隙間なく組めるように練習あるのみです。

テトリス講座 Vol.2-2 積みの基礎となる平積みをマスターする。 – ひまつぶしぶろぐ

テトリス講座 Vol.4 Tスピン – ひまつぶしぶろぐ

【テトリス99攻略】ルールや勝ち方のコツを徹底解説 – ひまつぶしぶろぐ

【テトリス日記】1周年を迎えたテトリス99

【テトリス日記】1周年を迎えたテトリス99

2020年2月で1周年を迎えたテトリス99。
配信以来1日2~3試合コツコツと続けていき自分の戦績もようやく500勝を突破したのですが最近ではモチベーションがそんなに上がらずデイリーミッションの消化もあまりできていません。。。
そろそろ新たなスキンやコンテンツを追加して欲しいところです!

テトリス99戦績

f:id:mintscore:20200221132842p:plain
1周年の感想としては、よく1年も続けられたな~と。
テトリスというゲーム自体が暇な時間にお手軽にプレイできるものとしてとても適しているという事もあるのですが、テトリスゲームの中でも1年以上やりこんだのは『テトリスDS』以来です。
そういった意味では任天堂の出すテトリスが自分に合っているのかもしれません。

3月のイベントはやはりどうぶつの森?

これまで新作ゲームのタイトルに合わせたイベントを行ってきたテトリス99。
となると2020年3月のイベントは『あつまれどうぶつの森』関連という事になりそうですね。
どうぶつの森はDSで少しさわったぐらいなのでそこまで思い入れがあるわけではないですが、なにせ300万本以上売れる超大型タイトルなのでスイッチ購入による新規ユーザーが増えてテトリス界隈もまた盛り上がってほしいと思っています。

そろそろテトリス99の追加コンテンツかテトリスゲームの新作を

99人バトルももちろん面白いのですが対戦テトリス好きとしては『1対1』ルールも追加してほしい!というのが本音です。
これが追加されたら『テトリスDS』時代に狂ったようにやっていたようにテトリス99のプレイ時間も相当増えそうな予感。なんなら追加の有料コンテンツでも喜んで買います(笑)。
とはいえ『1対1』はテトリス99というゲームのコンセプトから外れてしまうので実現はどうでしょう・・・難しそうならいっそテトリスの新作を任天堂が出してくれないかな~と思っています。
まあ『テトリスDS』のレーティングシステムと野良戦フレンド戦のシステム(好きな試合数で抜ける事ができたり勝敗数をカウントしてくれる)を踏襲していればどこでも良いんですが。
とりあえず今まで通り1日2~3戦プレイを続けながら3月のイベントを楽しみに待ちたいと思います!

【テトリス日記】一人で練習するのにオススメのテトリスゲーム

【テトリス日記】一人で練習するのにオススメのテトリスゲーム

対人戦テトリスで強くなるために1人でもやりこめるオススメのテトリスゲームを紹介。

ぷよぷよテトリス

f:id:mintscore:20200513204405j:plain
PS4、スイッチ、3DS、VITA等多くのプラットフォームで販売されているテトリスゲーム。
「ぷよぷよVSテトリス」という異色の対戦もできる他「ぷよぷよVSぷよぷよ」や「テトリスVSテトリス」も従来通り楽しむ事ができます。

一人用モードも充実しており「とことん」では40ラインや150ラインのタイムアタック、3分間でハイスコアを目指すウルトラモードがあり、かなりやりこめる仕様となっています。
「レッスン」ではテトリスのルールや積み方などの基礎的な学習に加えTスピンなどの応用テクニックを練習する事もできます。

CPU戦では難易度(敵の強さ)を自由に設定して戦う事ができますがこちらは最高難度である激辛モードであってもある程度上達すれば勝てるほどの強さなので上級者には少々物足りないかもしれません。

【おすすめポイント】
「レッスン」や「とことん」等一人用モードが充実しておりテトリス練習用ソフトとしてはこれ1本で事足りるほど十分な内容となっています。
またオンラインで対戦する事ができるので対人戦を楽しみたい方には特にオススメのソフトです。
注意点としてプレイヤー人口の減少によりオンラインの過疎化が進んでいるという事です。3DS版とVITA版に関しては時間帯によっては中々マッチングしない場合があります。
インターネット対戦を楽しみたいのであればプレイヤー人口の多いスイッチ版かPS4版を買う事をオススメします。

機種 販売価格(メルカリ)
PS4版 2500円前後
スイッチ版 3000円前後
3DS版 2000円前後
VITA版 2000円前後

テトリスDS

f:id:mintscore:20200513204425j:plain
ニンテンドーDS用ソフト。
130万本以上の販売本数を誇り対人テトリスを確立したテトリスゲーム。
ニンテンドーWi-fiを使って世界中の誰かといつでも対戦する事ができフレンドコードの交換で指定の誰かと対戦する事も可能。
※現在DSのWi-fiサービスは終了しているためインターネット対戦はできません。

一人用モードも大変充実しておりマラソンモードで積み方をとことん練習したり「VSCOM」モードでCPUと対戦して腕を磨く事も可能。
価格もメルカリ等で500円前後で購入する事でき、ニンテンドーDSもしくは3DSを持っていれば安価で練習する事ができるオススメソフトです。

【特徴】
ライン消去による硬直時間が長いので速度よりも効率よく積んで効率良く消していく事が重要視されるゲームです。

【現代テトリスとの違い】
・RENによる火力ボーナスがない。
・パーフェクトクリアによる火力ボーナスがない。
・TスピンミニとTスピンシングルは同火力。
RENやパーフェクトクリアに火力はないですが、REN積みはマラソンモード等で練習できるのでさほど気にする必要はないと思います。

【おすすめポイント】
積みや堀り、削りなどテトリスの基礎能力に加えTスピン等の応用スキルも練習する事ができるので初心者が安価ではじめられるテトリス練習用ソフトとしては最適です。VSCOMモードで自分の実力に合ったコンピューターと対戦する事ができるのもおすすめできるポイントです。

COM戦績強さ目安 Lv.4ジュゲム Lv.5クッパ
初心者卒業 勝率5割以上 勝率1割以下
中級者 勝率9割以上 勝率1割以上
中級者卒業 勝率10割 勝率5割以上
上級者 勝率10割 勝率7割以上
超上級者 勝率10割 勝率9割以上

【テトリス99】上級者向けテクニック「火力分割」について解説

火力分割

【テトリス99】上級者向けテクニック・火力分割について解説

テトリス99の上級者向けテクニックである火力分割について解説。

火力分割について

テトリス99では相手から攻撃が送られる度にブロックのせり上がり予告として左ゲージにたまっていきます。

f:id:mintscore:20191226182556p:plain
左ゲージに蓄積されるのは最大で12ライン分までとなるのでこれ以上の攻撃は全て無効化されます。
このゲーム性を利用してディレイ(ミノをカサカサ回転させ接地するまでの時間を遅らせる事)をかけながら火力を少しずつ相殺していく事で結果的に火力を分割する事ができます。

・火力分割のメリット
火力分割のメリットはテトリミノを置ける回数が増える事です。
一度に12ラインせり上がるよりも火力を分割する事で一度に来るブロックの量を減少させ、その間にミノを積みこんで更なる相殺や反撃のチャンスをうかがう事ができます。

・火力分割のイメージ
火力分割は1度に大量の火力が来た時にディレイをかけながら堀りRENを使って行います。
例えば12ライン分の火力が予告として来ている時に1ライン分相殺すると蓄積火力は11ライン分に減少し、この状態で相手からの攻撃がどれだけ激しくても1ライン分しかたまりません。
これで12から11+1に分割できた事になります。
ここからも連続して相殺していく事でさらに火力を分割できます。

f:id:mintscore:20191226175843p:plain

f:id:mintscore:20191226180010p:plain

f:id:mintscore:20191226180025p:plain

習得するにはかなり難しいテクニックですがこれを覚えるとRENのような怒涛の攻撃にも耐える事ができます。
うまく復帰できれば逆転も可能となるのでトップクラスを目指すなら「ディレイ」と「火力分割」はセットで覚えておきたいスキルです。

テトリス99に待望のチームバトルが追加!仕様や戦略について解説

テトリス99に待望のチームバトルが追加!仕様や戦略について解説

f:id:mintscore:20191212132527p:plain
12月11日のアップデートにより期間限定でテトリス99に『チームバトル』と『パスワードマッチ』が追加されました。
テトリス99初のチーム戦実装により楽しみ方の幅が広がりそうです。

チームバトル詳細

チームバトルは赤、黄、緑、青の4チームに分かれて対戦するモード。

f:id:mintscore:20191212130220p:plain
マッチング中に自分の好きなチームを選択できる。
選んだ色によって仕様が変わるわけではないので特にこだわりがなければそのままでも問題ない。

・対戦画面の見方。f:id:mintscore:20191212131144p:plain
自画面右下に味方チームの人数、上側に敵チームの人数が表示される。
味方の人数がゼロになったらチームの負けとなる。

【仕様】
チームバトルは時間経過によって残り人数関係なく落下速度が上がる。
1分経過でスピードアップし3分経過でさらに速度が上がる。
個人戦と比べると速度変化のタイミングがかなり早いので注意が必要。

【戦略】
・いずれかの敵チームを攻撃
色ごとに選択してそのチームの誰かを攻撃する事ができる。
残り人数の多いチームやバッジを多く持っているチームを狙いうつ時に使う。
ただし味方の人数が多すぎると
【1】ターゲットをもらいにくい
【2】バッジを獲得しにくい
等不利に働く事もある。

・カウンター
狙われている相手全員に攻撃する。
3、4人以上に狙われている場合に有効な戦略。

【チームバトルで勝利するコツ】
チームバトルは個人戦と比べるとバッジが集まりにくいので、しっかりとした立ち回りをしてバッジを確保する事が大事です。
【1】大人数に狙われている時は必ずカウンターに変更。
【2】時には手動でターゲットを変更(左スティック)してゲームオーバー寸前のプレイヤーを狙う。
凝視するには慣れが必要ですが、最初は自分の狙っているターゲットの周辺だけでも確認しておきゲームオーバー寸前の相手(画面の赤く光っているプレイヤー)が近くにいれば切り替えて狙うようにしましょう。

f:id:mintscore:20200605010506p:plain

また極端に残り人数の少ないチームのプレイヤーはより多くのターゲットをもらっている可能性が高く、カウンターによって返り討ちに合うリスクが高くなります。基本的には人数の多いチームから攻撃するようにしましょう。

【観戦モード】
ゲームオーバーになると観戦モードで特定のプレイヤーのプレイングを観戦する事ができる。
上手い人のプレイを見て勉強したり味方の誰かを応援したりとチーム戦ならではの楽しみ方ができる。

観戦モード画面f:id:mintscore:20191212134219p:plain

観戦中はL3ボタン(いいね!)を押す事で味方を応援する事ができる。
応援する事で相手にシステム上のメリットがあるのかは今のところ不明だが、いいね!は相手にも通知として届くので味方を応援して試合を盛り上げよう。

パスワードマッチ

特定のプレイヤーのみでプレイする事ができるパスワードマッチが追加。
6桁のパスワードを設定する事でそのパスワードを入力したプレイヤーのみが集まって楽しむ事ができる。
99人集まらなかった場合、残り人数はCPUが穴埋めする形となる。
配信者のスナイプ企画や大会などのイベントで活用できそうだ。

イベントテーマが獲得可能に

f:id:mintscore:20191212141904p:plain
過去に配布された「ファイアーエムブレム」「スプラトゥーン」「ポケモン」などのイベントテーマがデイリーミッションをこなす事でもらえるチケットを30枚消費する事で獲得可能になりました。
イベントテーマは「画面の見やすさ」や「BGM」など使いやすさにおいても非常に人気のあるものが多かったので取り逃していた方はこの機会にぜひ入手しておきたいところです。

【テトリス99攻略】ルールや勝ち方のコツを徹底解説 – ひまつぶしぶろぐ

【テトリス99】おすすめテーマ(スキン)8選 – ひまつぶしぶろぐ