【テトリス日記】一人で練習するのにオススメのテトリスゲーム

【テトリス日記】一人で練習するのにオススメのテトリスゲーム

対人戦テトリスで強くなるために1人でもやりこめるオススメのテトリスゲームを紹介。

ぷよぷよテトリス

f:id:mintscore:20200513204405j:plain
PS4、スイッチ、3DS、VITA等多くのプラットフォームで販売されているテトリスゲーム。
「ぷよぷよVSテトリス」という異色の対戦もできる他「ぷよぷよVSぷよぷよ」や「テトリスVSテトリス」も従来通り楽しむ事ができます。

一人用モードも充実しており「とことん」では40ラインや150ラインのタイムアタック、3分間でハイスコアを目指すウルトラモードがあり、かなりやりこめる仕様となっています。
「レッスン」ではテトリスのルールや積み方などの基礎的な学習に加えTスピンなどの応用テクニックを練習する事もできます。

CPU戦では難易度(敵の強さ)を自由に設定して戦う事ができますがこちらは最高難度である激辛モードであってもある程度上達すれば勝てるほどの強さなので上級者には少々物足りないかもしれません。

【おすすめポイント】
「レッスン」や「とことん」等一人用モードが充実しておりテトリス練習用ソフトとしてはこれ1本で事足りるほど十分な内容となっています。
またオンラインで対戦する事ができるので対人戦を楽しみたい方には特にオススメのソフトです。
注意点としてプレイヤー人口の減少によりオンラインの過疎化が進んでいるという事です。3DS版とVITA版に関しては時間帯によっては中々マッチングしない場合があります。
インターネット対戦を楽しみたいのであればプレイヤー人口の多いスイッチ版かPS4版を買う事をオススメします。

機種 販売価格(メルカリ)
PS4版 2500円前後
スイッチ版 3000円前後
3DS版 2000円前後
VITA版 2000円前後

テトリスDS

f:id:mintscore:20200513204425j:plain
ニンテンドーDS用ソフト。
130万本以上の販売本数を誇り対人テトリスを確立したテトリスゲーム。
ニンテンドーWi-fiを使って世界中の誰かといつでも対戦する事ができフレンドコードの交換で指定の誰かと対戦する事も可能。
※現在DSのWi-fiサービスは終了しているためインターネット対戦はできません。

一人用モードも大変充実しておりマラソンモードで積み方をとことん練習したり「VSCOM」モードでCPUと対戦して腕を磨く事も可能。
価格もメルカリ等で500円前後で購入する事でき、ニンテンドーDSもしくは3DSを持っていれば安価で練習する事ができるオススメソフトです。

【特徴】
ライン消去による硬直時間が長いので速度よりも効率よく積んで効率良く消していく事が重要視されるゲームです。

【現代テトリスとの違い】
・RENによる火力ボーナスがない。
・パーフェクトクリアによる火力ボーナスがない。
・TスピンミニとTスピンシングルは同火力。
RENやパーフェクトクリアに火力はないですが、REN積みはマラソンモード等で練習できるのでさほど気にする必要はないと思います。

【おすすめポイント】
積みや堀り、削りなどテトリスの基礎能力に加えTスピン等の応用スキルも練習する事ができるので初心者が安価ではじめられるテトリス練習用ソフトとしては最適です。VSCOMモードで自分の実力に合ったコンピューターと対戦する事ができるのもおすすめできるポイントです。

COM戦績強さ目安 Lv.4ジュゲム Lv.5クッパ
初心者卒業 勝率5割以上 勝率1割以下
中級者 勝率9割以上 勝率1割以上
中級者卒業 勝率10割 勝率5割以上
上級者 勝率10割 勝率7割以上
超上級者 勝率10割 勝率9割以上

テトリスのお話

テトリスのお話

今までに自分がやってきたテトリスのゲームは『テトリスDS』『テトリスオンライン』『テトリスリーグ』『ぷよぷよテトリス』の4つ。
テトリスリーグってなんぞ?って思われた方のために説明するとモバゲーが提供していた携帯電話で出来るテトリスゲームです。
一人用モードはもちろんオランライン対戦も出来ました。
この時はスマホが出てくる前だったのでガラケーでプレイしてました。普通のゲーム機とは違い窮屈な操作方法に手こずりましたが、それでもこの時代にガラケーでオンラインで対戦出来るというのは画期的なものでした。
とはいえラグは凄まじいものがありました。自分が相手に送るのも相手の攻撃が自分に来るのも共に5秒ぐらいの時間を経て反映されましたからね(笑)

 このテトリスリーグというゲーム、対戦ゲームにありがちなレーティングというものはありませんでした。レーティングの代わりとよべるかは分かりませんが相手の強さを見極める指標として『勝率』というものがありました(自分は97%ぐらいでした)
しかしテトリスDSやぷよぷよテトリスのような実力の近い相手とマッチング出来る仕様でもなく、勝率98%の人と当たったり勝率30%の人と当たったりバラバラでした。
実力の近い人とあまり当たらない事と凄まじいタイムラグによるストレスで割とすぐに飽きました(それでも3カ月ぐらいはやったかも)。
ちなみに他のテトリスゲームのプレイ歴はこんな感じです↓

・テトリスDS・・・約8年(最高レート8200)
・テトリスオンライン・・・3カ月(LPM40、APM60)
・テトリスリーグ・・・3カ月
・ぷよぷよテトリス・・・1カ月

【テトリスDSについて】

プレイ歴は約8年のテトリスDSがだんとつで長いですね。というかテトリスDSはテトリスゲームに限らず全ジャンルのゲームの中で間違いなく一番やってます。
なんでテトリスのゲームによってプレイ時間にバラつきがあるかというと、単純にテトリス自体に飽きてきたというのもあるかもしれませんが、やはりテトリスDSはゲームバランスが自分の中で完璧なんですよね(あくまで自分の中で)。

これはテトリスDSの後にリリースされたテトリスゲームをやるごとに感じてきました。

【効率重視のゲームバランス】

テトリスをやる上で操作速度は非常に大事です。テトリスオンラインやぷよぷよテトリスでは速度重視のゲームバランスになっていて、強さの指標の中に『速度』が大きなウェイトを占めています。

対してテトリスDSは速度よりも効率重視になります。いかにミスをせずに効率よくブロックを消していけるか。自分のような速度の遅いプレイヤーにはこの仕様がかなりハマってました。
もちろんテトリスDSでも速度が速い事にこした事はありませんが、それでも最適な効率プレイをする事で速度の壁を埋める事が出来たのです。

【RENが存在しなかった】

これは完全に言い訳になるのですが、テトリスDSにはなかった(テトリスオンラインから実装)RENというものがかなり苦手でした。
RENは確かに面白い要素だとは思いますが、効率プレイをひたすらしてきた身としてはどうも真逆な事をやっている気がして・・・

【オンライン環境】

テトリスDSはオンライン対戦のシステムが完璧だったように思います。まずレーティングの数値が強さの値としてかなり正確でした(故意に下げている場合を除く)。
テトリスDSは一度マッチングすると対戦前だとしても切断してしまうとそれだけでレートが下がります。
他のテトリスゲームであるような勝てそうにない相手を切断して相手を選んで対戦してレートを上げるという事が出来ません(少なくとも最初の1戦は)。
ぷよぷよテトリスのように3本先勝区切りとかじゃなく100戦でも200戦でも連戦出来るのもいい(個人的にはこれがでかいかも)。

こんな感じでテトリスDSが自分の中では一番のテトリスゲームなので他のテトリスゲームが発売された後でもテトリスDSばっかりやってましたね。
そのおかげ?で最近のテトリスゲームに全くついていけず(トップクラス相手には歯が立たない)自分でプレイするというよりも上級者同士の対戦プレイを動画で見る機会が増えました。

 

テトリスのお話【テトリスDS時代のレート推移の話】 – ひまつぶしぶろぐ

 

テトリスDS時代のお話【強豪プレイヤー編】 – ひまつぶしぶろぐ

テトリス講座 Vol.6 Tスピントリプル

テトリス Tスピントリプル

Tスピントリプルを学ぼう

TスピンにはTスピンダブルとTスピンシングルの他にT字ミノをねじ込んで3段消すTスピントリプルというものがあります。
Tスピントリプルを決めると相手に6段ものブロックを送る事ができ、これはぷよぷよテトリスでのパーフェクトクリアをのぞくと最強の技になります。

ですが、最強クラスの技だけあってまずTスピントリプルの形を作るのが大変です。Tスピンダブルと比べるとけっこう時間がかかります。
そして打ち終わった後もあまり良くない形のブロックが残ります。

この事からTスピントリプルはあまり実戦向けの技とはいえません。
Tスピンを覚えるにあたって、まずは圧倒的に使い勝手の良いTスピンダブルを習得する事をオススメします↓
テトリス講座 Vol.4 Tスピン – ひまつぶしぶろぐ

Tスピントリプルは開幕のテンプレ積みで使うか、よほど狙いやすい形の時ぐらいしか使う機会がないと思います。ただし火力でガンガン押せるテトリスゲームの場合、速度に自信があれば積極的に狙いにいっても良い。僕は開幕テンプレ以外で使う事はあまりありません。時々魅せプレイとして使う事があるぐらいです。

【Tスピントリプルの形】

これがTスピントリプルの形↓

f:id:mintscore:20170717175017j:plain

Tをこんな感じで落としていき・・・↓

f:id:mintscore:20170717175546j:plain

接地する瞬間に右回転を素早く2回押す↓

f:id:mintscore:20170717175647j:plain

f:id:mintscore:20170717175715j:plain

Tスピントリプルで消す事が出来ました!

【Tスピントリプルの土台作り】

とりあえずブロックはなんでもいいのでこの形を作りましょう↓

f:id:mintscore:20170717180433j:plain

一番簡単な作り方はT字ミノとL字ミノ(逆L字ミノ)の組み合わせです。
T字を下にして作ると↓

f:id:mintscore:20170717180115j:plain

L字を下にしてもOK↓

f:id:mintscore:20170717180207j:plain

あとは適当に積んでいって屋根を付けると完成↓

f:id:mintscore:20170717180651j:plain

この場合のTスピントリプルのやり方はT字をそのまま落としていく↓

f:id:mintscore:20170717180913j:plain

接地する瞬間に1つ左にずらす↓

f:id:mintscore:20170717181044j:plain

左にずらしたら素早く右回転(A)↓

f:id:mintscore:20170717181207j:plain

f:id:mintscore:20170717181301j:plain

T字がスルッと入ってTスピントリプルになりました!
なお壁際でもT字を立てて入れる事でTスピントリプルを決める事ができます。f:id:mintscore:20191120210856j:plain
接地する瞬間に右回転(A)2回。

【Tスピントリプルの注意点】
Tスピントリプルは下図のように壁のラインが1段だとTを入れる事ができません。
0段or2段以上にしてから入れるようにしてください。

f:id:mintscore:20191120213416j:plain

【Tスピントリプル2連の作り方】

Tスピントリプル2連は完全な魅せプレイです。作るのにとても時間がかかるので超速度で組まないと詰みます。
ただしロマンはあります。トリプル2連分という凄まじい火力なので一瞬で相手を葬る事もできます。

Tスピントリプル2連の形はこんな感じ↓

f:id:mintscore:20170717182505j:plain

とても威圧的な構えですね。
2連打ちで合計13段分の攻撃を送る事が出来るので相手もかなり身構える事でしょう。

簡単な作り方は四角ミノ+S字ミノ(逆S字ミノ)+L字ミノ(逆L字ミノ)の組み合わせ↓

f:id:mintscore:20170717183056j:plain

あとは適当に積んで屋根を付ける↓

f:id:mintscore:20170717183244j:plain

これで完成です!

ですが見てもらったら分かる通り、積むブロックの量が多すぎて作るのにかなり時間がかかります。1から作るというよりはある程度土台ができている状態の時に狙ってみましょう。

【まとめ】

・Tスピントリプルは最強の攻撃力を誇るが打ち終わった後の形が悪くなるので注意。
・Tスピントリプルの使いどころは開幕のテンプレ積み

テトリス講座 Vol.7 開幕テンプレ積み – ひまつぶしぶろぐ

テトリス講座 Vo.1 基礎中の基礎編-初心者が上達するためのコツ

テトリスを上手くなるコツとして大事なのは次の3つ

  1. テトリミノの積み方を覚える。
  2. 効率的な掘り方を覚える。
  3. テトリミノの速い操作が出来るようになる。

この3つがテトリスの基本的な上達方法です。
もちろんこれ以外にも【Tスピンの取得、開幕の積み方、対戦相手の凝視】など細かな技術はたくさんあります。
ですがこれらのスキルは後から取得しても全く問題ないものです。
むしろこれらのスキルを初心者の内に覚えようとすると、小手先だけの技術になってしまい上達を妨げてしまう可能性すらあります。
はじめに書いた1~3の基礎技術がしっかり出来てはじめて最大限に力を発揮出来るものです。
なので最初に上手くなるには1~3の基礎的な事をひらすら練習する事をオススメします。

対戦テトリスの基本ルール

テトリスはテトリミノを消す事で相手にブロックを送る事ができ、一度に消すライン数によって攻撃力が変化する。

f:id:mintscore:20200311211343p:plain

消去ライン数 相手に送る事ができるブロックのライン数
1ライン消去 0
2ライン消去 1
3ライン消去 2
4ライン消去 4

上記表の通り一度に消去するラインの数が多いほどより多くのブロックを相手に送る事ができる。
※TスピンやREN等の火力についてはTスピン講座とREN講座で詳しく解説。

【1】テトリミノの積み方を覚える

f:id:mintscore:20170720194338j:plain

初心者の内はテトリミノを上手い事はめ込むように積む→消す
この作業をひたすら繰り返す事です。
これをひたすら練習する事で「このミノはここに置いたらいい」「この置き方をすれば綺麗に積める」という事を感覚で覚えていきます。また練習していく内に操作速度も上がっていくはずです。
この綺麗に積むというスキルは凄い初歩的なものに見えますが、これがとても重要なものなのです。
これをマスターするだけでテトリススキルの半分を理解した!といっても過言ではないぐらい大切な事だと思います。
なにせトップクラスの上級者でもテトリミノを絶えず完璧に積むというのは難しいのです。基礎中の基礎でもありとても奥が深いものでもある、という事になります。

【2】効率的な掘り方を覚える

対人型のテトリスでは相手の攻撃により自陣の上までブロックで埋まってしまうと負けとなります。
ブロックが埋まる前に速いスピードと的確な判断で消していき、自陣を立て直さなければいけません。
相手の攻撃によって埋められたブロックを消していく作業の事を「掘り」といいます。

【3】操作速度を上げる

速度はひたすら積んで消すという作業を繰り返していけば自然と上がっていきます。
効果的な練習方法はマラソンモードです。
マラソンモードはレベルが上がる毎にテトリミノが落ちてくるスピードが速くなるので短い時間に最適な置き方をする事が求められます。
慣れてくるとマラソンモードの初めのレベルの方でもハードドロップを駆使して最高レベル並みのスピードを自ら出す事が出来るようになります。

テトリス初心者の最初の目標はマラソンモードを永久的にプレイ出来るようになる事です!これが出来るようになると【1】~【3】のスキル、つまりテトリスの土台となる
スキルが飛躍的に上がります。
まずはマラソンモードをひたすらプレイして基礎スキルを身につけましょう。

テトリス講座 Vol.2 テトリミノについて – ひまつぶしぶろぐ

テトリス講座 Vol.4 Tスピン – ひまつぶしぶろぐ

【テトリス99攻略】ルールや勝ち方のコツを徹底解説 – ひまつぶしぶろぐ