ひまつぶしぶろぐ

自分の趣味やネット関係の出来事を適当につぶやくブログです。

【YouTube】不名誉?低評価数、低評価率動画ランキング

スポンサーリンク

【YouTube】不名誉?低評価数、低評価率の動画ランキング

f:id:mintscore:20200408232954p:plain

YouTubeには動画下に『グッドボタン』『バッドボタン』という評価機能が存在します。
評価の数として動画ページに反映され全ユーザーに公開されます(クリエイターの設定によって評価を非表示にする事も可能)。

f:id:mintscore:20200408231923p:plain
現在YouTube上には数えきれないほどの膨大な数の動画がありますが、その中で一番低評価数の多い動画は何なのでしょうか?
不名誉もいえる低評価数、低評価率の多い動画について調べてみました。

低評価数動画ランキング

低評価数の多い動画一覧(国内向け)

クリエイター 動画タイトル 配信日 低評価数
キッズライン アイス屋さんごっこ お買い物ごっこ お店屋さんごっこ おゆうぎ こうくんねみちゃん ice cream shop 2017/12/23 590000
TKO木下 TKO木下よりご報告がございます。 2020/4/1 270000
ヒカル あれから2ヶ月半が経ちました… 2017/11/18 220000
はじめしゃちょー 【大事故】マジですごいゴルフクラブ買いました! 2017/3/27 220000
ワタナベマホト 今回の騒動について、活動休止させていただきます 2019/6/19 210000
せんももあいしー もも、せんのすけにケーキをとられ泣く 2011/3/26 210000
宮迫博之 宮迫博之よりご報告 2020/1/29 190000
MEGWIN 感謝と謝罪 2018/12/14 160000
アバンティーズ この動画を低評価10万にすることは可能か? 2017/1/22 140000


※木下さんの動画は2020/4/22に低評価数31万超えと現在も伸び続けています。
ご覧のようにキッズチャンネルやアバンティーズのような評価を誘導する動画を除くと騒動を起こしたクリエイターが謝罪、もしくは復帰した1発目の動画に低評価が多くつけられています。

f:id:mintscore:20200409190920j:plain

しかしながら低評価の多い動画=高評価の少ない動画というわけではありません。
先ほどの動画一覧の中にも高評価の多い動画は含まれており、特に視聴回数の多い動画はどうしても低評価の数が多くなる傾向にあります。

低評価率の高い動画

視聴回数の多いチャンネルの中から低評価の割合が90%を超えている動画を中心に紹介。

クリエイター 動画タイトル 配信日 高評価数 低評価数 低評価率
TKO木下 TKO木下よりご報告がございます。 2020/4/1 4600 270000 98.30%
ゆうかん 【初投稿】自己紹介&今後のYouTube活動 2018/9/25 1400 86000 98.30%
MEGWIN 感謝と謝罪 2018/12/14 6000 160000 96.30%
椎木里佳 【椎木里佳】Youtube始めました。【15歳から社長】 2019/5/19 3300 80000 96.00%
アバンティーズ この動画を低評価10万にすることは可能か? 2017/1/22 10000 140000 93.30%
ゆたぼん 【新聞載った!】ゴールデンウィーク終わっても学校行くな 2019/5/6 10000 130000 92.80%
けものフレンズ2 TVアニメ『けものフレンズ2』PV 第1弾 2018/9/2 5600 54000 90.00%
唐澤貴洋 ご挨拶 ~はじめまして、唐澤です~ 2019/8/7 16000 98000 85.90%

低評価率の高い動画は低評価数の多い動画と違い高評価がほとんどされていない事になるのでこちらの方がクリエイターとしては不名誉な記録なのかもしれません。

ちなみに評価数1万超えの動画の中で低評価率100%の動画も過去には存在しました。

f:id:mintscore:20200410144837p:plain
普通は評価数が1万を超える動画であれば誤タップ等によりどちらかに100%偏る事はまずないのですが・・・ある意味伝説の動画?
(現在では高評価もある程度つけられており低評価率100%ではなくなっています)

世界の低評価数トップ動画

動画範囲を世界にまで広げたらどうなるのでしょうか。

クリエイター 動画タイトル 高評価数 低評価数
YouTube YouTube Rewind 2018 279万 1771万
Justin Bieber Baby 1323万 1122万


f:id:mintscore:20200410161358p:plain
現時点で世界1位が『YouTube Rewind2018』。
世界2位がジャスティンビーバーの『Baby』となっています。

いずれも低評価数が1000万を超えており3位に大差をつけています。
1000万超え・・・やはり世界となると桁が違いますね。

動画の高評価数ランキング

反対にグッドボタンの多い高評価の動画はどれなのでしょうか?
クリエイター1人につき50万を超える高評価の動画を1つ集めてみました。

クリエイター 動画タイトル 配信日 高評価数
米津玄師 Lemon 2018/2/27 191万
DAOKO × 米津玄師 打上花火 2017/8/10 150万
キッズライン アイス屋さんごっこ お買い物ごっこ お店屋さんごっこ おゆうぎ こうくんねみちゃん ice cream shop 2017/12/23 118万
King Gnu 白日 2019/2/28 107万
Official髭男dism Pretender 2019/4/16 104万
ヒカル 当たりはなかった?祭りくじで悪事を働く一部始終をban覚悟で完全公開します 2017/4/3 77万
ピコ太郎 PPAP 2016/8/25 63万
ヒカキン 【プレゼント企画】ニンテンドースイッチ スプラトゥーン2セット10台10名様にプレゼント! 2017/7/28 60万(最大で72万)
はじめしゃちょー たくさんの男性YouTuberで恋ダンス踊ってみた。 2016/12/19 51万

高評価50万を超える動画の大半がミュージックビデオとなっています。
※ピコ太郎さんのPPAPはロングバージョンが【Ultra Music】から配信されておりこちらは国内向けではないものの285万の高評価がつけられています。
音楽チャンネルが非常に強い中ヒカルさんやヒカキンさん、はじめしゃちょーさんの動画が高評価50万超えと健闘しています。

ちなみに現在YouTube上で世界一の視聴回数を誇るLuis Fonsiの『Despacito』の高評価数は3699万です。
やはり世界は広い!

低評価のデメリットは?

広告収益面だけでいえば低評価をつけられた事が要因となって広告単価が下がるといった事はないと思われます。
ただし視聴回数の面でいえばYouTubeアルゴリズムにより高評価数の多い動画は「あなたへのオススメ」としてTOP画面や関連動画に表示されやすい傾向にあるようです。
しかしこれも視聴者が動画に対して何らかの反応(リアクション)を起こした事そのものを評価している側面もあり、何も評価されないよりは低評価のついた動画の方が有利に働くと語るクリエイターもいます(あまりに低評価率が高いとマイナスだと思いますが)。

よって低評価がつく事にさほどデメリットがないといえるかもしれませんが、低評価の多い動画が続くとチャンネル登録に結び付きにくくなる上にコメント欄では批判の声も多くなります。
そういった意味では低評価による一番のデメリットはクリエイターの動画制作モチベーションを下げる事なのかもしれません。