【テトリス日記】1周年を迎えたテトリス99

【テトリス日記】1周年を迎えたテトリス99

2020年2月で1周年を迎えたテトリス99。
配信以来1日2~3試合コツコツと続けていき自分の戦績もようやく500勝を突破したのですが最近ではモチベーションがそんなに上がらずデイリーミッションの消化もあまりできていません。。。
そろそろ新たなスキンやコンテンツを追加して欲しいところです!

テトリス99戦績

f:id:mintscore:20200221132842p:plain
1周年の感想としては、よく1年も続けられたな~と。
テトリスというゲーム自体が暇な時間にお手軽にプレイできるものとしてとても適しているという事もあるのですが、テトリスゲームの中でも1年以上やりこんだのは『テトリスDS』以来です。
そういった意味では任天堂の出すテトリスが自分に合っているのかもしれません。

3月のイベントはやはりどうぶつの森?

これまで新作ゲームのタイトルに合わせたイベントを行ってきたテトリス99。
となると2020年3月のイベントは『あつまれどうぶつの森』関連という事になりそうですね。
どうぶつの森はDSで少しさわったぐらいなのでそこまで思い入れがあるわけではないですが、なにせ300万本以上売れる超大型タイトルなのでスイッチ購入による新規ユーザーが増えてテトリス界隈もまた盛り上がってほしいと思っています。

そろそろテトリス99の追加コンテンツかテトリスゲームの新作を

99人バトルももちろん面白いのですが対戦テトリス好きとしては『1対1』ルールも追加してほしい!というのが本音です。
これが追加されたら『テトリスDS』時代に狂ったようにやっていたようにテトリス99のプレイ時間も相当増えそうな予感。なんなら追加の有料コンテンツでも喜んで買います(笑)。
とはいえ『1対1』はテトリス99というゲームのコンセプトから外れてしまうので実現はどうでしょう・・・難しそうならいっそテトリスの新作を任天堂が出してくれないかな~と思っています。
まあ『テトリスDS』のレーティングシステムと野良戦フレンド戦のシステム(好きな試合数で抜ける事ができたり勝敗数をカウントしてくれる)を踏襲していればどこでも良いんですが。
とりあえず今まで通り1日2~3戦プレイを続けながら3月のイベントを楽しみに待ちたいと思います!

【アクションカメラ】進化版Crosstour CT9500レビュー【格安】

crosstour ct9500

【アクションカメラ】進化版Crosstour CT9500レビュー【格安】

アクションカメラといえば真っ先に思い浮かぶのがGoProですが、高額商品(4万円~)なので初心者が中々手を出しづらいのも事実。
そこで最近注目されているのが中国製のアクションカメラです。
値段は1万円以下とリーズナブルな物が多く性能もかなり良いとの事で最近人気が集まっています。
今回は格安カメラの中で比較的評判の良いCrosstour CT9500をレビューしたいと思います。

Crosstour CT9500 進化版の機能

【進化版4K/50FPS】Crosstourアクションカメラの機能紹介。

【仕様】

動画解像度 4K(50fps or 30fps)/2.7K 30fps/1440p(60fps or 30fps)/1080p(60fps or 30fps)/720p(120fps or 60fps)
画像解像度 20MP/16MP/12MP/5MP/3MP
シーンモード オート/人物/風景/水中/防曇
ISO オート/100/200/400/800/1600
連写 3/5/10/15
低速度撮影(タイムラプス) 1秒/2秒/5秒/10秒/30秒/60秒
170度レンズ角度 大/中/小
映像コーデック H264/H265
DNGサポート オン/オフ
ループ録画 3分/5分/10分/15分
ダイビングモード(セルフタイマー) 1秒/3秒/5秒/10秒
スローモーション オン/オフ
スクリーンセイバー オフ/5分/1分/3分/5分
自動シャットダウン オフ/1分/3分/5分
操作音 オン/オフ

【バッテリーについて】
旅行等で長時間撮影をしたい場合、バッテリーの持ち時間が気になる所ですがCrosstour CT9500は大容量の1300mAhなので動画撮影(1080P)の場合でも約2時間持ちます。

【大きさ】
非常にコンパクトで軽いです。

f:id:mintscore:20200215212638j:plain

【MicroSDカードは128Gまで対応】
128Gまで対応しているので長時間撮影でも容量を気にせず使う事ができます。

MicroSDカード64Gでの撮影時間目安。

コーディングモード 動画撮影 写真撮影
H.264 4K 50fps/2時間半 1080P/2時間半 14000枚(20M)
H.265 4K 50fps/4時間 1080P/5時間 14000枚(20M)

Crosstour CT9500 進化版の付属品

f:id:mintscore:20200215201521j:plain

防水ケース 保護ドア 1300mAhバッテリー2個
USBケーブル 充電器 固定マウント
360度アダプタ ストラップ 自転車スタンド
ベース ネジ付きヘルメットマウント ヘルメットマウント
拡張シートポストマウント ロングスイッチサポート ショートスイッチサポート
粘着テープ クリップ リボン
ワイヤロープ 洗浄用布

カメラ固定用の付属品がこれでもかというぐらい付いてきます。
自転車やヘルメット、車載カメラ用として取り付けたりできます。
地味に嬉しいのがバッテリーが2個付いてくる事。
片方のバッテリーを充電器で充電しながら使えるので充電源を確保できる場所ならバッテリー切れの心配がありません。
ちなみにバッテリーは満充電で動画撮影(1080P)した場合2時間ぐらい持ちます。

【注意点】MicroSDカードは付かないので別途購入する必要があります。
MicroSDも種類によっては対応していない場合があるので注意。
(推奨)スピードクラス:Class10  U3  のMicroSDカード。
※自分はClass10  U1のMicroSDでも問題なく作動したので相性もあるのかもしれません。実際に購入したMicroSDカード↓


東芝 microSDXC 64GB 100MB/s THN-M203K0640 UHS-I Toshiba 海外向パッケージ品

4K/30FPSとの比較

進化版Crosstour CT9500における4K/50FPSと4K/30FPSの違い。
価格は倍ぐらい違うので迷っている人向けに4K/50FPSの新機能や改善点を紹介。

【4K/30FPS】と比較した【4K/50FPS】の改善点。

4K/50FPSが追加
バッテリー交換による日時リセットを改善
手ブレ補正の改善
スローモーションが追加
DNG形式で写真保存可能
映像コーデックH.265が追加
MicroSD128Gまで対応(4K/ 30FPS版は64Gまで)
水深40Mまで(4K/30FPS版は30M)
バッテリーは大容量の1300mAh(4K/30FPS版は1050mAh)

個人的にはバッテリー交換時の日時リセット改善と映像コーデックがH.265を選択できるようになった事がありがたいですね。
4K/30FPS版ではバッテリー交換時に日時がリセットされてしまう現象が起きていたのですが4K/50FPS版ではしっかり保持されるようになりました。
H.265は今までのH.264より動画の圧縮率が高くファイルサイズが小さくなるので同じ容量のSDカードでも2倍近く撮る事ができます。

【総評】同価格帯の中では高性能のアクションカメラ

中国製の格安アクションカメラは数多く販売されていますが『格安』と謳われているだけあってユーザーが全て満足するような性能のカメラは存在しないといえます。
Crosstour CT9500も『GoPro』や『OSMO Action』といった高額のアクションカメラと比較すると画質や手ブレ補正、音質等の性能面ではもちろん敵いませんが、格安アクションカメラの中では比較的高性能で扱いやすいと感じたので初心者がはじめに購入するカメラとしてはアリだと感じました。
4K/30FPSか4K/50FPSかどちらにするかに関しては改善点を参考に価格と相談してお好みで!

(参考画像)写真サイズ20Mで撮影f:id:mintscore:20200218203059j:plain


【進化版4K/50FPS】Crosstourアクションカメラ 4K 20MP解像度 Wi-Fi 40M防水 水中カメラ 6軸EIS手ブレ補正 タイムラプス ループ録画 連写 スロモーション2つ1350mAhバッテリー USB充電器と多様なアクセサリー 調節可能な170°広角レンズ バイク・車・ヘルメット・サーフボードに取り付け可能 スポーツカメラ 「メーカー13月保証」CT9500

【YouTube】江頭2:50さん、本田翼を超える。芸人史上最速で登録者100万人突破

【YouTube】江頭2:50さん、本田翼を超える。芸人史上最速で登録者100万人突破

2月よりYouTube活動を開始した江頭2:50さん。
1日で30万人以上のチャンネル登録者を獲得し鮮烈なYouTubeデビューを果たしましたが、2月9日に更なる大偉業を達成しました。
9日での達成はあの本田翼さんの記録を超えるとてつもないスピードです。

芸人では史上3人目の100万人突破

タレント名 活動開始日 100万人突破日数
梶原雄太(カジサック) 2018/10/1 283日
中田敦彦 2019/4/19 138日
江頭2:50 2020/2/1 9日

芸人の中ではカジサック、中田敦彦に次ぎ3人目の快挙となりました。
驚くべきはその速さで9日間での達成はもちろん芸人史上最速記録です。
活動開始から1日後の2月2日に30万人を突破、そして2月4日には50万人を突破。
活動開始してから【4日間での50万人達成】は江頭さんが100万人達成記念にコラボを熱望している草彅剛さんの【5日で50万人達成】を抜く記録です。

勢いが全く衰える事なく100万人達成したエガちゃんねる。

f:id:mintscore:20200209000557p:plain

本田翼超え・・100万人到達日数記録で歴代2位にランクイン

f:id:mintscore:20200208233132p:plain9日間での100万人到達はYouTube全体でみても嵐に次ぐ2位にランクイン。
【嵐】【江頭2:50】【本田翼】
国民的アイドルグループと大物女優に挟まれる江頭2:50分さん。また一つYouTubeで伝説を作りましたね。
※【追記】佐藤健さんが3日で100万人達成したため現在の記録は3位。

始まったばかりのエガちゃんねる、更なる伝説は続く!?

圧倒的スピードで100万人を達成し早速YouTubeに一つ伝説を残した江頭さんですが、特筆すべき点がもう一つあります。
それは高評価(グッドマーク)率の高さです。
芸能人のYouTube参戦はネームバリューによるチャンネル登録者ブーストなどのメリットはありますが、芸能人がYouTubeで活動をする事をよく思っていないユーザーも少なくなく特に芸人のYouTube参戦は批判的な目で見られがちです。
そのため活動開始初期はバッドマークが付く事が多くカジサックや宮迫さんの初投稿動画でもグッドマーク率が50%を切りました。
しかし江頭さんの初投稿動画ではグッドマーク率が驚異の99%です。
他の動画でもグッドマーク99%を維持しており江頭さんに限ってはYouTube参戦を多くの人が待ち望んでいたかのような数字です。
「これからも伝説作るぜ!」
サブチャンネルで投稿された動画の最後に高々に宣言した江頭さん。
YouTubeでの江頭伝説はまだまだ始まったばかりです。

【芸能人ブースト】芸能人のYouTube参戦年表とチャンネル登録者数推移。

【芸能人ブースト】芸能人のYouTube参戦年表とチャンネル登録者数推移。

近年目立つようになった芸能人のYouTube参戦。
2017年には草彅剛さん、2018年には本田翼さん、2019年には嵐がYouTubeデビューを果たしました。
テレビで活躍している芸能人の参戦はYouTube界に与える影響も大きく、活動開始直後から再生回数やチャンネル登録者数が桁違いのスピードで伸び続けるため急上昇入りには多くの芸能人のチャンネルが名を連ねるようになりました。
近年では珍しくなくなった芸能人のYouTube参戦ですが、芸能人YouTube参戦の歴史はいつ頃から始まったのでしょうか?また芸能人のチャンネル登録者の初動はどれほどのものなのでしょうか?

芸能人のYouTube参戦年表

2012年
所ジョージ 2012/10/9
2014年
ねづっち 2014/11/21
2015年
ヒロシ 2015/3/3
秋山竜次(ロバート) 2015/4/2
2016年
吉田朱里 2016/2/1
板東英二 2016/9/5
うさたにパイセン 2016/12/21
2017年
草彅剛 2017/11/2
2018年
宮脇咲良 2018/3/16
本田翼 2018/9/22
梶原雄太(カジサック) 2018/10/1
2019年
藤田ニコル 2019/2/23
中田敦彦 2019/4/19
小嶋陽菜 2019/5/6
辻希美 2019/5/17
斎藤工 2019/6/22
霜降り明星 2019/7/9
デヴィ夫人 2019/7/10
速水もこみち 2019/9/26
水嶋ヒロ 2019/10/7
2019/10/9
藤本美貴 2019/10/19
ロンブー 2019/12/1
ヒロミ 2019/12/27
2020年
GACKT 2020/1/1
峯岸みなみ 2020/1/1
ATSUSHI(EXILE) 2020/1/1
ローラ 2020/1/8
水原希子 2020/1/22
宮迫 2020/1/29
川口春奈 2020/1/31
江頭2:50 2020/2/1
柏木由紀 2020/2/2

【2012年】
驚くべき事に今から約8年前に所ジョージさんがYouTubeチャンネルを開設し活動しています。
大物芸能人の中では間違いなく最古参のYouTuberといえるでしょう。
動画では趣味の唄や工作を披露しており正に初期のYouTubeを思い出させてくれる内容となっている。

【2015年】
3月にヒロシさん、4月にロバートの秋山さんがYouTuberデビュー。
ヒロシさんはテレビで見る機会は少なくなりましたがYouTubeではキャンプなどアウトドア中心の動画がヒットしておりチャンネル登録者数は60万人を突破しています。
秋山さんのチャンネルも登録者50万人を突破しており芸能人の中では古くからYouTube活動を続けいているだけあって成功を収めています。

【2016年】
NMB48の吉田朱里さんがYouTubeチャンネルを開設、メイクやファッションなどの動画を投稿し現在では女性視聴者を中心に大人気のチャンネルとなっています。

【2017年】
草彅剛さんがYouTuberデビュー。
元々はAbemaTVの企画により生まれたものだが、投稿は現在でも続けている。
活動開始初日で登録者数26万人を超え5日目には50万人を突破。
当時の50万人突破最速記録を樹立しています。

【2018年】
本田翼さんとカジサックこと梶原雄太さんがデビュー。
本田翼さんはゲームを1日に10時間以上する事もあるという生粋のゲーマー。ゲーム配信で視聴者の心をみるみる掴んでいき、当時の100万人突破最速記録を樹立(18日)。
カジサックさんは2018年10月にYouTuberとして活動開始。
YouTubeをやるにあたって1年以上研究してきた梶原雄太さんはデビュー当初こそ批判が多かったものの毎日投稿を続けていく内に徐々にYouTubeに対して真剣に取り組む姿が評価されていき芸人として初めてチャンネル登録者数100万人を突破した。

【2019年】
藤田ニコルさん、辻希美さん、霜降り明星、ロンドンブーツなど売れっ子芸能人が次々とYouTuberデビューを果たしました。
中でも話題となったのが国民的アイドルグループ【嵐】のYouTube参戦です。
活動開始からわずか1日でチャンネル登録者数100万人を突破、YouTubeライブで同時接続数78万人を突破するなど様々なYouTube記録を樹立しました。

【2020年】
2020年も芸能人の参戦が加速。
1月、2月とわずか2カ月の間でGACKTさん、ATSUSHI(EXILE)さん、雨上がり決死隊の宮迫博之さん、女優の川口春奈さんなどがデビュー。

芸能人のチャンネル登録者数初動

芸能人がYouTubeで活動を開始(動画初投稿)してから1週間経過後のチャンネル登録者数。

タレント 初動登録者数
1400000人
江頭2:50 835000人
本田翼 833000人
草彅剛 520000人
宮迫博之 481000人
川口春奈 433000人
藤田ニコル 310000人
ローラ 204000人
ヒロミ 196000人
ATSUSHI 128000人
水嶋ヒロ 105000人
速水もこみち 93500人
ロンドンブーツ 92000人
梶原雄太 91000人
GACKT 83900人
辻希美 57000人

わずか1週間で140万人を突破した嵐は別格としても30万人を軽々と突破している芸能人が数多くいます。
その中でも目を引いたのが江頭2:50さん。
芸能人のYouTube進出をよく思わない人でも江頭さんのチャンネルだけは登録したという声が非常に多く1週間で83万人ものチャンネル登録者を集めています。
他にも川口春奈さんや宮迫博之さんが40万人を突破しており初動でこれだけのチャンネル登録者を集められるのはネームバリューのある芸能人ならではといったところでしょうか。

初動記録とYouTuberとして成功するかは別問題?

初期段階でチャンネル登録者数がかなり見込める芸能人ですが、そこからYouTubeで成功するかどうかは別問題です。
例えば草彅剛さんは5日で50万人を突破し鮮烈なYouTubeデビューを果たしましたが、そこから登録者数の伸びが鈍化し100万人到達に2年以上要しています(草彅さんの場合動画の更新頻度が低いという事もありますが)。
反対に梶原雄太さんや中田敦彦さんは開設当初こそ登録者数数万人という規模でしたが両者とも1年足らずで100万人を突破しYouTuberとして大成功を収めています。
そういった意味では芸能人としてのネームバリューのみで成功するほどYouTubeは簡単な世界ではないという事でしょうか。
ユーザーのニーズに合わせた動画作りをしっかり行い継続的に動画投稿する事がYouTube成功の秘訣といえそうです。