【女子に大人気】ばんばんざいのメンバープロフィールを詳しく解説

【女子に大人気】ばんばんざいのメンバープロフィールを詳しく解説

f:id:mintscore:20190826003501j:plain
出典https://twitter.com/miu_miyusan/status/1162935325976481793/photo/1

男性1人女性2人の3人組で活動しているYouTuberグループ【ばんばんざい】。
2019年3月よりYouTubeで活動をスタートさせ半年間でチャンネル登録者数15万人超の人気YouTuberへと成長しました。
現在女子中高生を中心に絶大な支持を集めている【ばんばんざい】とはどんなグループなのか?メンバーの詳しいプロフィールや魅力について紹介します。

メンバープロフィール

◆ぎし◆

・本名:山岸 りょうた
・出身地:北海道
・生年月日:1998年10月22日(21歳)
・血液型:B型
・所属事務所:オトズレ(OTOZURE)
・家族構成:5人家族の長男で妹が2人いる。

・好きな異性のタイプ:童顔でショートカットの女の子。
・好きなYouTuber:アバンティーズ、東海オンエア(虫眼鏡推し)

グループ中唯一の男性メンバー。
動画の企画、編集を担当している。
札幌の大学に通いながらインスタグラム、TikTok、ミックスチャンネルなどで活動していたが、単位が全く取れない事態に陥ってしまい大学1年生時に中退する事となった。

個人でYouTubeチャンネルを開設し、TikTokerのほしと共に活動していたが2018年4月に解散。
2019年春に上京しTikTok仲間であったみゆ、るなと共に「ばんばんざい」を結成。

「さんこいち」のほりえりくや「レペゼン地球」のDJ社長と会った事もある。

5人家族の長男であり妹が2人いる。


◆みゆ◆

・本名:田村 美優
・出身地:北海道
・生年月日:1999年3月30日(20歳)
・血液型:O型

・好きな食べ物:パイナップル
・嫌いな食べ物:お米
・所属事務所:テアトル(?)
・好きなYouTuber:水溜りボンド

動画の企画担当。
いつも元気で明るいグループのムードメーカー的存在の女の子。
サバサバした性格なので男友達と遊ぶ事が多いが、今まで付き合った人数は8~9人と人並みに恋愛も経験している。

小学生の時は「お笑い芸人」を目指していたらしく、動画でもノリの良さやツッコミ芸(?)を遺憾なく発揮している。
札幌の美容専門学校を卒業後「ぎし」と共に上京し「ばんばんざい」メンバーとして活動中。
趣味はカラオケで動画でも度々美声を披露している。


るな

・本名:森元 流那
・出身地:大阪府
・生年月日:2002年2月11日(17歳)
・血液型:B型

・身長:158cm
・好きな異性のタイプ:松坂桃李
・所属事務所:オトズレ(OTOZURE)
・家族構成:兄弟は10人で流那は10人兄弟の5番目。

動画の企画担当。
他の2人とは3歳年が離れており、グループの中では妹のように可愛がられている。
動画ではとんちんかんな行動や言動をとる場面があり、おバカキャラを確立している。
TikTokやインスタグラム、ガールズユニット「やじるーと」で活動しており女子中高生からの支持が非常に厚い。

AbemaTVのティーン向け番組「今日、好きになりました」で共演した事がきっかけで1つ年上の彼氏(たかぴろ)と交際、YouTubeでカップルチャンネルとしても活動していたが別れてしまい現在はフリーのようだ。

ぎし、みゆとはTikTokを通じて知り合い後に「ばんばんざい」メンバーとしても活動する事となる。
たこ焼き屋さんでバイトしていた事がある。

「ばんばんざい」結成秘話

北海道でインフルエンサー活動をしていた「ぎし」と「みゆ」(二人は元々知り合い)がTikTokを通じて知り合った「るな」と3人でYouTubeで活動していく事を決意。
2019年春に上京し「ばんばんざい」を結成、YouTube活動をスタートさせた。

「ばんばんざい」という名前の由来は皆でグループ名を決めようとした際に両手で「バンバン」膝を叩く仕草をした事から付けられた(要するにあまり深い意味はないらしい)。

伸び続ける登録者数・・・その魅力とは

2019年3月10日にチャンネルを開設した「ばんばんざい」ですが、順調にチャンネル登録者を伸ばしていき約2カ月後の5月6日に3万人突破、4カ月後の7月12日に5万人突破、そして5カ月後の8月6日には10万人を超えました。

夏休みに入るとさらに勢いを加速させ8月22日には15万人に到達し当初の目標であった「8月末までに10万人到達」をあっさりクリアしました。

登録者数 到達日数
5万人 125日
10万人 150日
15万人 166日

「ばんばんざい」の動画ではドッキリ企画が多いのですが、ドッキリを通じて見られるメンバーの素顔や仲の良さが人気の秘訣。
メンバー1人1人の個性はバラバラなのですが、3人そろった時の掛け合いが見事にハマり何故かバランスの良いグループになるのが面白いところ。

夏に飛躍的に伸びたYouTuberは今後さらに勢いを増していく傾向にあるYouTube界。
これからも成長し続ける「ばんばんざい」に期待です!

【YouTuber】立花孝志の年収とチャンネル登録者数の伸び方が異次元

【YouTuber】立花孝志の年収とチャンネル登録者数の伸び方が異次元

f:id:mintscore:20190820160126j:plain

「国会議員YouTuberがNHKをぶっ壊す!」

のキャッチコピーでお馴染みのNHKから国民を守る党(N国党)党首の立花孝志さん。
国会議員としての活動はもちろんYouTubeでも自身のチャンネルを立ち上げ現在も動画を更新し続けています。
今年の夏、一番勢いがあるYouTuberといっても過言ではない立花孝志チャンネルについて再生回数やチャンネル登録者数、年収などのデータを元に色々な角度から検証してみました。

立花孝志という人物について

・1967年8月15日生まれ。

1986年4月 大阪府立信太高校卒業後、NHKに入局(和歌山に5年3カ月、大阪に約7年、東京に約7年それぞれ勤務)
2005年7月 NHKの不正経理を内部告発し依頼退職。約19年勤務(37歳)
2005年8月 NHKを退職後、約8年間パチンコで生計を立てる。
2013年6月 「NHKから国民を守る党」を設立(45歳)
2015年4月 千葉県船橋市議会議員に立候補し当選、政治家になる(47歳)
2017年11月 東京都葛飾区議会議員に立候補し当選(50歳)
2019年7月 第25回参議院議員通常選挙に比例区から立候補し当選(51歳)

「NHKから国民を守る党」の公約
・直接民主主義の導入。
最終的にNHKのスクランブル放送化を目指しており目標を達成次第党を解散し政治家を辞める事を宣言している。

※スクランブル放送とは料金を支払う契約者だけが視聴する事ができるいわゆる有料放送の事。
スカパーやWOWOWなどがこれにあたる。

国会議員に就任した事もあり最近になって急激に注目され始めたので「新星の如く現れたYouTuber」と思われがちですが、実は2012年からYouTubeで「立花孝志ひとり放送局」を開設し地道に活動を続けてきました。
時系列に沿っていうと「国会議員になったYouTuber」という事です。
ネットの影響力が年々大きくなっている事を顕著に表した出来事といえます。

YouTubeでの活動、収入について

2011年 自身のNHKに対する考え方を伝えるためYouTubeチャンネルを開設。
2014年 少しずつではあるが順調にチャンネル登録者数を増やしていく。YouTubeの収益は月5万円~10万円。
2017年 12月にチャンネル登録者数10万人突破。
2018年 6月5日、チャンネルアカウントが凍結される(登録者数約16万人時点)。YouTubeの収益は月50万円~100万円。
2018年 6月5日、新たにチャンネルを開設し活動再開。
2018年 9月30日、チャンネル登録者数5万人突破。
2018年 年末時点でチャンネル登録者数は約9万人。2018年のYouTube収益は1248万円。

立花孝志さんはYouTubeや国会議員としてもらっている収入を全て動画で公開しており2018年のYouTube収益はチャンネルでも詳しく見る事ができます。

www.youtube.com

2019年夏、大躍進した立花孝志チャンネル

2019年7月21日に参議院議員選挙で当選し国会議員になるとYouTubeで更新頻度を上げていき再生回数、チャンネル登録者数ともにさらに勢いを増していく事になります。

・2019年3月1日:チャンネル登録者数10万人突破。

・2019年7月29日:チャンネル登録者数20万人突破。

・2019年8月8日:チャンネル登録者数30万人突破。

・2019年8月15日:チャンネル登録者数40万人突破。

立花孝志さんが当選したのが7月21日。チャンネル登録者は7月20日~8月19日の1カ月間でなんと25万人以上増えています。
8月のチャンネル登録者数増加ランキングでは一般系YouTuberの中ではヒカキンやフィッシャーズ、東海オンエアなどのトップYouTuberを抑えて堂々の1位に。

収入も大幅増加

2019年8月に入ると視聴回数、チャンネル登録者数が激増しそれに伴い収益も大幅にアップしました。
8月は1日平均でなんと50万円、月間では1000万円を超えるとの事です。
つまり8月の収益だけで2018年全体の収益を超えるまでに成長しました。

立花孝志さんの動画は他のチャンネルと比較すると年齢層の高い購買力のある視聴者向けである事から広告単価も高い事が予想されます。
収入とその使い道に関しては動画で詳しく説明されています。

www.youtube.com

立花孝志チャンネルの魅力とは?

再生回数、チャンネル登録者数が急激に伸びている立花孝志チャンネル。
なぜここまで注目されるようになったのでしょうか?

・誰もしていなかった分野を開拓した事(ブルー・オーシャン)。
・最終的な目標(NHKのスクランブル放送化)が非常に明確である事。
・収入と支出を全て公開しある意味クリーンである事。

と様々な要素があげられます。

立花孝志さんの動画では「三権分立」や「既得権益」など法律や政治に関するワードが度々出てきます。その都度詳しく解説もされているので動画を見ていく内に自然に政治、法律、選挙について学ぶ事ができます。

立花さんの考えに賛成か、懐疑的であるか、政策(NHKのスクランブル放送化)には賛成だがやり方には反対だ、など様々な物の見方があってもいいと思います。

要は支持層が増えるかどうかは別として動画を通じて若者を中心に無関心だった層が政治や選挙に興味を持つようになり、積極的に参加する機会が少しでも増えるようになる。そういう意味でも大変有意義なチャンネルであるといえるのではないでしょうか。

この夏YouTubeで大躍進した立花孝志さん。
この勢いでいくとチャンネル登録者数100万人突破もそう遠くない未来の話になりそうです。
そしてなにより公約が実現される日がくるのでしょうか?これからも彼の動向から目が離せません。

これからはネットの時代?なぜインターネット広告費は増え続けているのか

これからはネットの時代?なぜインターネット広告費は増え続けているのか

f:id:mintscore:20190808182651j:plain
YouTubeやニコニコ動画などの動画サイトやツイッターやインスタグラムSNSで見られるインターネット広告費は年々増え続けており、いまや地上波テレビ広告費を上回る勢いにまで成長しています。
なぜこれほどまでにインターネットの広告費が増え続けているのでしょうか?

【1】テレビ視聴者数の減少

昔は人々が情報を得る主要な媒体といえばテレビ一択でした。
しかしながら近年YouTubeやツイッターなどに代表されるSNSなどの情報媒体が増え、スマホやパソコンを持っていればどこからでも情報を得る事ができるようになりました。

娯楽も同様に多様化していき学校や職場で皆が口をそろえて昨日のお笑い番組やドラマ番組について話す時代は終わり、流行りのYouTuberやインスタグラム、ツイッターで得た情報を交換する事も増えてきました。
つまりテレビがなくても困らない時代になりつつあります。

すでに10代や20代では2013年頃から1日におけるテレビ視聴時間をネット利用時間が逆転し、年々その差は広がっています。
単純に「テレビからネット」の構図により広告費もユーザーを数多く抱えるプラットフォームへ移りつつあります。

急速に増え続けるネット広告費。2019年にテレビ広告費を抜く予定。

  インターネット広告費 地上波テレビ広告費
2015年 1兆1594億円 1兆8088億円
2016年 1兆3100億円 1兆8374億円
2017年 1兆5094億円 1兆8178億円
2018年 1兆7589億円 1兆7848億円

ネット利用時間も若者を中心に増加傾向にあります。

【平日1日の平均時間】

10代 テレビ(リアルタイム)視聴 ネット利用
2013年 102.5分 99.1分
2014年 91.8分 109.3分
2015年 95.8分 112.2分
2016年 89.0分 130.2分
2017年 73.3分 128.8分

 

20代 テレビ(リアルタイム)視聴 ネット利用
2013年 127.2分 136.7分
2014年 118.9分 151.3分
2015年 128.0分 146.9分
2016年 112.8分 155.9分
2017年 91.8分 161.4分

 

30代 テレビ(リアルタイム)視聴 ネット利用
2013年 157.6分 87.8分
2014年 151.6分 87.6分
2015年 142.4分 105.3分
2016年 147.5分 115.3分
2017年 121.6分 120.4分

【2】進化するネット(YouTube)広告

インターネットを利用する方は年々増えていますがユーザーの年齢、性別、地域によって興味関心事は様々です。
広告を出稿する企業側からすると、例えばビールやチューハイなどのアルコール飲料の広告は未成年である10代に向けて発信するよりも20代、30代を中心とした購買層にリーチした方がより効果的であるといえます。

YouTube(というよりGoogle)はターゲットによって流す広告を変えておりその速度と精度が日に日に増しています。

例えば買いたい物や興味のある分野、住みたい場所についてその日ずっと調べているとその翌日にはそれに沿った動画広告が流れたりします(行動ターゲティング広告)。

住んでいる地域にターゲットを絞る広告もかなり増えており、地域ごとの高速道路規制のお知らせやパチンコ店オープンなどの広告が流れたりします。

誰でも比較的安価でテレビよりもターゲット層に効果的に訴求することができるので、企業は広告を出稿しやすい状況にあります。

参考【YouTubeの主な広告の種類】

インストリーム広告(スキップ可) 動画再生中に流れるスキップ可能の動画広告。30秒以上(30秒未満の広告は最後まで)再生された場合またはユーザーがアクション(リンククリックなど)を起こした場合に課金。
インストリーム広告(スキップ不可) 動画再生中に流れるスキップ不可の15秒動画広告。1000回再生ごとに課金(インプレッション収益)。
TrueViewディスカバリー広告 YouTubeサイトのトップページや動画再生ページ(PCは動画左上、モバイルは動画下)に表示される広告。ユーザーがクリックした場合に課金。
バンパー広告 動画再生中に流れるスキップ不可の6~7秒以下の動画広告。1000回再生ごとに課金(インプレッション収益)。

 

これからは広告もネットの時代?

すでに10代などの若者を中心にネット利用時間がテレビ視聴時間を上回っている事は紹介しましたが、40代以降の世代は現在でもテレビ中心の生活にあります。

購買力の高い世代を多く抱えているという意味ではまだまだテレビ優位であるともいえます。

しかし現在ネットを見て育った若者世代が年を重ねた時にテレビに移行するようになるかと言われると、甚だ疑問が残る所です。

2019年には逆転すると言われるテレビとネットの広告費。
テレビ1強の時代からテレビとネットの2強時代へと突入した事は間違いなさそうです。

【YouTube】過去に炎上したYouTuber一覧

【YouTube】過去に炎上したYouTuber一覧

f:id:mintscore:20190804181814j:plain

-YouTuberに炎上は付き物?-

YouTubeは芸能界よりも視聴者との距離が近いためダイレクトに批判が集まり炎上しやすい傾向にあります。
今回は過去に炎上してしまった有名YouTuberを紹介。

炎上したYouTuber一覧

【はじめしゃちょー】

・3股疑惑により炎上

2017年、物申す系YouTuberの生配信ではじめしゃちょーの元カノの暴露により交際中にモデルと浮気していた事が発覚。
さらに大食いYouTuberとして有名な木下ゆうかがはじめしゃちょーの元カノである事を暴露。
この主張していた期間が3名とも被っていた時期があり、3人と同時に関係を持っていた疑いがあるとして大炎上した。
謝罪動画を投稿しモデルとの浮気に関しては否定したものの炎上は収まらず、約1カ月半休止する事となった。

www.youtube.com

休止期間中に数々のトップYouTuberから「帰ってきて」等の応援メッセージの動画が投稿された事もあり復活直後の動画でも割と温かく迎えられた。

【ヒカキン】

・メルカリで髪の毛や靴下を売って炎上。

2018年6月24日、フリマサイト「メルカリ」にて自身の髪の毛を半年間かけて丸めたボールや使用した靴下などを出品した動画を投稿し視聴者から「汚い」「不衛生」などの声が殺到。
これを受けて速やかに動画を削除、ツイッターでも謝罪した。

【桐崎栄二】

・「バスで仮面ライダーに変身した」動画が乗客に迷惑をかけているとして炎上。

騒動が起きたのは2016年1月。当時高校2年生だった桐崎栄二はこの件を受けて学校側から退学するか動画投稿をスッパリやめて学校生活を継続するかを迫られる事となる。
この時のツイキャス配信で父親との電話で号泣しながら「YouTubeはもうやめるしかない」と思いのたけを語っている。

学校を選択し一時YouTubeから離れていた桐崎栄二だったが、高校3年生になった4月にツイッターでギターを弾いている動画をあげると学校に呼び出され「不適切動画投稿につき退学処分」となった。

退学後にYouTube活動を再開させ、高卒認定をとり現在は大学生。

・選挙法違反で炎上

2018年2月3日、選挙掲示板に自らの顔写真が貼られているという内容の動画を投稿。これが後に自らの写真を自分で貼った自作自演動画という事が分かり公職選挙法違反にもあたるという事で炎上。
2カ月後に謝罪動画を投稿し活動再開。

【ヒカル】

・Valu騒動により炎上

2017年8月、ヒカル、ラファエル、いっくん(禁断ボーイズ)がValu(仮装通貨を使い自分自身の価値を売買できるもの)に参入しツイッターで大々的に宣伝。

3名の株価が暴騰していく中、突如3名が保有していた株式を放出。
株式の価値は暴落しこれがきっかけで「YouTube史上最も燃えた」ともいわれるほどの大炎上となった。
この炎上によってamazonから勝手にブラキオサウルスの模型が送りつけられるなどの悪質な嫌がらせが横行した。
これを受けてヒカル、ラファエル、いっくんの3者は謝罪動画を投稿、活動を休止する事となった。

www.youtube.com

炎上から約3カ月後の11月から活動を再開している。

・文春砲により炎上

2019年1月12日、ヒカルがファンの女性に対して「ネットセクハラ」をしていた事が文春によって報じられた。
ファンの女性とチェキ会で知り合い、やり取りをしていく内に要求がエスカレート。
不快に思った女性が文春に告発したという流れ。
しかしながらLINEのやり取りを見ると女性側もはじめは乗り気だった事、お互い合意の上で楽しんでいた事が分かりヒカルに対して同情の声も多く集まり騒動はすぐに鎮火した。

【ワタナベマホト】

・女性に暴行で炎上

2019年6月、同棲していた元アイドルの顔を殴り顔を踏みつけるなどの暴行を加え逮捕されていた事が発覚し大炎上。
謝罪動画を投稿し無期限の休止をする事となった。

www.youtube.com

後にUUUMからも2019年内は活動を自粛する処分をしたと発表があった。
約半年間の謹慎期間は炎上したトップYouTuberの中ではかなり長い方である。


【ジョーブログ】

・スクランブル交差点で迷惑行為により炎上

2019年3月27日、渋谷のスクランブル交差点でベッドで寝てみたという企画の動画を投稿し、これが歩行者への迷惑行為となり道路交通法違反である事から炎上し後に謝罪動画を出した。
書類送検されたものの逮捕はされていない。

【よりひと】

・未成年女性との関係を暴露され炎上

2019年9月にコレコレの生配信で17歳女性と付き合っていた事が暴露された。
生配信の通話でよりひとは当初「付き合っていなかった」「体の関係はなかった」と話していたが女性側の証拠写真や証言によりよりひとが嘘をついていた事が発覚、大炎上した。
よりひとは女性に不快感を与えていた事を認め自身のチャンネルでも謝罪した。


【メグウィン】

・パワハラの疑いで炎上

2018年12月、「MEGWIN TV」で活動していたメテオとファルコンの2人が「メグウィンTVを辞めました。真実を話します」といったタイトルで動画を投稿。
その内容は「ちゃんと人間として扱ってほしい」「辞めるように仕向けられた」等
この会社ではやっていけなくなるほどのパワハラを受けていた事を告白。
これによってメグウィンは大炎上。
現在は沈静化しているものの視聴回数もチャンネル登録者数も激減する事態になってしまった。


【ジョンレノ】

・メンバーに暴行で炎上

2017年の夏、一番勢いがあったといっても過言ではないチョコレートスモーカーズであったがリーダーであるジョンレノがメンバーの一人であるヨハンに暴力をふるっていた事が発覚し炎上。
謝罪動画を出したが炎上はおさまらずチョコスモは解散する事態となった。

後にヨハンがまみこ部で再始動する事となる。
ジョンレノは現在チョコレートスモーカーズのアカウントからジョンレノへと名前を変え一人で活動している。
ジョンレノとヨハンは後にコラボを度々しておりわだかまりは無くなっている。
ケビンは宮川健太としてYouTubeやSNSで音楽活動をしている。


【あやなん】


・ツイッターの発言等で炎上

2016年にしばなんチャンネルで活動しているあやなんのツイッターの裏アカウントが発覚。
そのアカウントは友人やYouTube仲間のワタナベマホト、ファンの悪口を言っている内容でありマホトファンを中心に批判で溢れる形となった。

後に自身の髪の毛をバッサリ切り落とし坊主姿にて謝罪動画を投稿。
ワタナベマホトとはその後仲直りし現在は良好な関係を続けているが、あやなん自身は炎上クイーンとも呼ばれており「ピザパ事件」「アタッシュケース事件」「アポロゴム事件」などで度々炎上している。

【東海オンエア】

・携帯番号を晒し炎上

動画の企画でリーダーであるてつやがいいねの数に応じて携帯番号を晒していくといった内容のツイートをする。

いいねの数が15万件を超え11桁ある携帯番号の7桁まで晒した時に問題が発生。
このあたりから残りの4桁を予想して電話をかけるファンが出てきた事により「知らない番号から電話がかかり続けており迷惑している」というツイートが。
事の真偽は定かではないがこれ以上番号を晒していくと本当に一般人に迷惑をかけてしまう可能性が高いためここで切り上げる事となった。

・ホテル部屋で非常識な行為をして炎上

2019年夏、東京で長期撮影のためホテル生活をしていたてつやの元に虫眼鏡が突入。
その様子がサブチャンネルにアップされたがてつやの部屋が食べかけの食品やゴミで溢れかえっており、そのマナーや常識のなさに視聴者から批判の声が多数上がり低評価が高評価を4倍以上上回る事態となった。
翌日虫眼鏡が動画概要欄で謝罪し騒動は次第に収束していった。

【カジサック】

・スニーカーの扱いで炎上

・2019年2月、大のスニーカー好きとして知られるチームカジサックのスタッフであるヤスタケに対しスニーカーをお菓子のスニッカーズに変えるというドッキリを敢行。
カジサックのスニーカーの扱いの雑さにコレクターから批判が殺到。
後に謝罪しヤスタケにスニーカーをプレゼントした。

【えむれなチャンネル】

・ペット(子犬)の件で炎上

2019年5月6日に投稿した動画「嬉しいご報告があります!!!」の中で
M君の親戚の家でボストンテリアの子犬が生まれたがそこで飼う事ができず飼い主を探していたとの事で、それを聞いたえむれなが子犬を新しい家族として迎え入れる事になった事を報告。
しかし後にこの子犬がペットショップで購入した事が発覚し炎上。
二人もそれを認め謝罪する動画を投稿した。

www.youtube.com

炎上後も復活しているYouTuberが多い

YouTuberは有名になるにつれ常に炎上とは隣り合わせ。
プチ炎上も合わせると数多くのYouTuberは一度や二度は炎上を経験しています。

ただし大炎上したとしてもそこから復活を遂げたYouTuberも数多くいます。
「信頼を失うのは一瞬、取り戻すのは一生」とはいわれますがドン底から再び復活できるには、日々の動画更新で少しずつ信頼を取り戻していくしかないのかもしれません。

【テトリス日記】テトリスの才能は速度

【テトリス日記】テトリスの才能は速度

f:id:mintscore:20190801183822j:plain
テトリスは練習さえすれば誰でも上手くなります。
平積みはもちろんの事TスピンのテンプレやREN、開幕テンプレなどはプレイしていく内に身についていくものです。
そういう意味では暗記ゲーともいえるテトリスですが、だとするとテトリスに才能はいらないのでしょうか?
自分はテトリスの才能の一番大きな要素は「速度」だと思っています。

テトリスの才能が速度な理由

上でもふれましたが、テトリスは練習すれば必ず上手くなります。
上達の速さに個人差はあれどやればやるほど綺麗に積めるようになりますしTスピンも習得する事ができます。

速度に関しても初心者の時と比べると、もちろん積み速度は上がっていきます。
しかしながらある程度のラインに到達すると限界が訪れます。
底の見えない非凡な才能を持っている場合、やればやるほどどんどん早くなっていきます。
誰しもがトッププレイヤーのような究極の速さを身につける事ができるとは限らないので、個人によって違うこの限界ラインが才能の部分という事です。

脳の処理速度(頭の回転の速さ)は中々鍛えられるものではありません(脳科学に全然詳しくないですが)。
もちろんドネイトやTスピンテンプレ、掘りのルートなどの発想力も才能の一部だと思いますが、速度の速いプレイヤーは必ずといっていいほどこの発想力も突出しています。

速度が速いという事はそれだけ伸び代がある?

速度が究極に速いプレイヤーは火力でガンガン押してくる事が多いので、ここから凝視や火力効率などの戦略性を高めた場合、一気にトッププレイヤーへと登りつめる事はテトリスDSからはじまった対戦テトリスの歴史が物語っています。
ちなみに速度がとてつもなく早い方は(テトリスDS時代も含め)10代が多い印象。
処理速度に関しては10代がピーク?なのかもしれませんね。

以上、僭越ながらテトリスの才能という部分について自分が思っている事を適当に語らせていただきました。
自分は速度がかなり遅いです。10代に戻りたい。。。