ひまつぶしぶろぐ

自分の趣味やネット関係の出来事を適当につぶやくブログです。

テトリス講座 Vol.15 RENを習得する

スポンサーリンク

テトリス講座 Vol.15 RENを習得する

テトリス99やぷよぷよテトリスにおいて非常に強力な武器になるRENについて解説。

RENの特徴と攻撃力

RENはテトリスオンラインから実装された新たなスキルであり、ライン消去を連続で行うごとに攻撃力が増していく。
テトリスゲームによってはRENによる連続消し中は相手から送られたブロックのせり上がりを中断する事ができ絶体絶命の場面であってもそこからRENを使って攻撃を凌いだり下まで掘りきる事で一発逆転も可能。

RENの攻撃力(相手に送れる火力)
※テトリス99はバッジ補正なしの場合

  RENによるせり上がり中断
テトリス99
ぷよぷよテトリス

 

  テトリス99 ぷよぷよテトリス
1REN 1 0
2REN 1 1
3REN 2 1
4REN 2 2
5REN 3 2
6REN 3 3
7REN 4 3
8REN 4 4
9REN 4 4
10REN 5 4
11REN~ 5 5

テトリス99ではREN中はブロックのせり上がりがなくぷよぷよテトリスと比べると全体的に火力ボーナスが大きくなります。

RENの種類について

RENには端を空けて積みこむ端空けREN、中を空けて積みこむ中空けRENがあり空ける列の数によって2列REN、3列REN、4列RENといった呼び方をします。

端空けREN中空けREN

REN

・端空けREN・・・比較的簡単に組める。あまり積みこみすぎると相手の攻撃で即死してしまう事も。
・中空けREN・・・組むのが難しい。死亡ラインである中を空ける事によって耐久力のある地形になる。

RENを繋げやすい順番は4列REN>>3列REN>>2列REN

RENの組み方

ここでは実践で最も多く使う端空け4列RENの組み方を紹介します。
端空け4列RENを組むには端4列分の空間にブロックが3個(種3)ある状態で積みこんでいく事になります。

4列REN

ブロックが3個ある状態で組むと、受け幅が広くなりRENが非常に繋がりやすくなります。
もちろんそれ以外のブロック数でも4列RENを組んで発火する事は可能ですが種3に比べると繋がりにくくなるので、4列RENを組む時は種3にして組むようにします。

・ブロック3個(種3)の作り方

開幕以外で4列の中にブロック数が3個になるよう調整するのは意外と難しかったりします。はじめの内は4列目までにブロックが3個になるまで消し続けるか、0~2個の場合はそこからブロックを追加して3個になるよう調整します。

・種0→種3

4列REN


・種1→種3

4列REN

4列REN


・種2→種3

4列REN

RENのつなげ方

はじめの内はミノの受け皿が広い形になるように消していく事を心がけます。
どういう消し方をすれば次のミノを消せる地形になるのか、受け幅が広くなるのかネクスト全体をみてRENの流れをイメージしながら繋げていきます。
後述しますがRENをつなぐ上での最重要ポイントはS、Zの処理です。
ミノ順によってはどうやっても途切れてしまう事もありますが、慣れてきたら上手く繋げられるミノの組み合わせも分かってきます。
まずはRENのうまい人のプレイを見て消し方を学びそこから自分で練習する事で10REN以上をコンスタントに打てるようになります。

受け皿の広い地形(より多くのブロックで消す事ができる地形)

4列REN

消した後の地形を把握する事が大事。
4列REN

数手先のネクストを見ながら繋がりやすい地形をループさせるように消していく。
特に気をつけるべきポイントはS、Zを消す地形。
S、Zの処理を失敗するとRENがつながらない事が多くなる。
ネクストのS、Zを把握しておきフォローできる形にする事を心がける。

(例)
4列REN

同じミノでも消し方を変えてうまくS、Zをフォローする。

4列REN


「中空け地形(1:2or2:1)」にする時はS、Zどちらをフォローする形にするか意識しておく。

4列REN

「階段地形」時にはJ、Lをうまく使ってS、Zをスムーズに消化できるようにする(かなり重要)。

4列REN

4列REN


特定の地形のS、Z組み合わせの処理の仕方も覚えておく。

4列REN

RENをつなげるにはミノの回転入れ必須なので必要最低限の回転入れは覚えておく。

4列REN

 

www.mintscore333.com 

www.mintscore333.com

www.mintscore333.com