ひまつぶしぶろぐ

自分の趣味やネット関係の出来事を適当につぶやくブログです。

【YouTubeプレミアム】って何?便利すぎる機能や支払い方法を紹介!YouTuberへの影響は。

スポンサーリンク

YouTubeプレミアムって何?広告非表示などの機能や支払い方法を紹介!YouTuberへの影響は。

YouTubeプレミアム
2018年11月からスタートしたYouTubeプレミアム。月額制のプランで様々なサービスを受ける事ができます。
広告が非表示になったりバックグラウンド再生ができるようになったりとユーザーが待ち望んでいた機能が盛りだくさんのYouTubeプレミアム。
今回は便利な機能や支払い方法について紹介。また広告が非表示になる事でYouTuberに影響は出るのでしょうか?

 

YouTubeプレミアムで使えるサービス

・広告なしの動画が楽しめる。
YouTubeでは動画を再生中に広告が挿入されますがプレミアムに加入するとすべての広告がなくなります。動画前や途中の広告はもちろんサイドバー広告、検索広告、オーバーレイ広告も表示されなくなります。

・YouTubeミュージックプレミアムが利用できる。
YouTubeプレミアムに加入するとYouTubeミュージックプレミアム機能(月額980円)も全て無料で利用する事ができます。YouTubeミュージックの楽曲や動画を全て視聴できます。音声のみモードをオンにして動画を読み込まずに音楽だけを再生する事も可能です。
※すでにYouTube Plemium Music、Google Play Musicに加入済みの方は料金が重複してしまうので注意!解約後YouTubeプレミアムに入るようにしましょう。

・YouTube Originals
YouTubeクリエイターが制作した動画を無料で見る事ができます。
すでにはじめしゃちょーや劇団スカッシュなどYouTubeプレミアム会員専用の動画制作をしているクリエイターもおり、これからYouTubeプレミアム専用の動画が増えていくかもしれません。

・動画をオフラインで再生できる。
動画を一時保存してオフライン時に再生する事ができます。
飛行機や電車などの長期移動の時にあらかじめ動画を保存しておき通勤通学中にオフラインで動画を楽しむといった事もできます。

ダウンロード時間も早く一時保存の容量も意外と軽いので特に生放送のアーカイブなど長時間の動画を見る時に重宝しそうですね。

・バックグラウンド再生ができる。
スマホやタブレットでは他のアプリを使う時にYouTubeを一時的に閉じると強制的に再生が止まってしまう仕様でしたが(機種によってはできるものもあります)、YouTubeプレミアム会員だと他アプリを使用しながらバックグラウンド再生をする事ができます。

例えばYouTubeで音楽を流しながらサイト閲覧をしたりLINEやTwitterなどのSNSを使う事も可能になる他スマホの画面をオフ(スリープモード)にしても再生が止まる事はありません。

支払い方法

・クレジットカード
・PayPal
・デビットカード
・Google Play残高
・キャリア決済(一部未確認)

支払い方法は上記の5つ。
PayPalは結局クレジットカードを持っていないとダメなのでクレジットカードを持っていない、または作れない場合は審査のいらないデビットカードが便利です。

※デビットカードとは?
デビットカードとは後払いのクレジットカードとは違い銀行口座にある預金で即時決済されるので発行するのに審査の必要がありません。

キャリア決済もできるみたいですが、Safariなどのブラウザから登録する場合はできないようなので注意。

YouTubeプレミアムの月額費用

・PC版やAndroid  【1180円】
・iOS(iPhone)  【1550円】

iOSアプリからだとAppleに支払う手数料が発生するので月額で370円高くなります。
iPhoneを使っているという方は申し込む時はSafariやパソコンなどのWebから1180円で登録をした後iOSでプレミアム化させたアカウントにログインする事で実質1180円で使う事ができます。

YouTubeプレミアム加入者は増えるのか?またYouTuberへの影響は

YouTubeプレミアム会員は動画を見るのに一切広告が表示されなくなります。
という事はこれからプレミアム会員が増えていくと広告収入で生計を立てているYouTuberへの影響も気になるところ。

これに関してはヒカキンさんがYouTubeプレミアムについての動画を投稿していましたが、「プレミアム会員が見た動画に応じてプレミアム会員の月額費用をクリエイターに分配する方式だそうなのでそこまで影響はないと言われています」と述べています。
細かい分配方法は不明ですがおそらく視聴回数や再生時間によって分配されると思われます。

またYouTubeプレミアムの月額料金が1000円超と学生には少々つらい金額であること、iPhoneユーザーがSafariから1180円で決済する場合、クレジットカードがないとできない等登録のハードルも高いこと。視聴層が若者中心のYouTubeにおいて、YouTuberに与える影響は限定的であるといえるでしょう。
3カ月の無料期間が終わった後のプレミアム会員の割合にも注目したい所です。

www.youtube.com
ついに日本でもはじまったYouTubeプレミアム。
様々な機能がついて大変便利にはなりましたがヒカキンさんの動画のコメント欄をみてもやはり1180円という費用がネックになりそうですね。
学生向けというよりはお金より時間を取りたい社会人向けのサービスといえそうです。