ひまつぶしぶろぐ

自分の趣味やネット関係の出来事を適当につぶやくブログです。

匿名発送で簡単安心!メルカリ便利用ガイド

スポンサーリンク

匿名発送で簡単安心!メルカリ便利用ガイド

通常料金より安く、さらに匿名配送する事が出来るメルカリ便はメルカリの利用者なら誰もが知っている配送方法です。
匿名配送っていうのが魅力的ですよね。住所と氏名を知られずに取り引き出来るので女性でも安心して利用する事が出来ます。

 

メルカリ便には大きく分けて2種類の配送方法がある

 メルカリ便はヤマトもしくは郵便局から。
発送方法は全部で5種類あるのでサイズや料金、配達依頼受付先などを確認して自分に合った配送方法で送るようにしましょう。

らくらくメルカリ便・・・2016年3月からクロネコヤマト宅急便のヤマト運輸と提携。
集荷サービスもあるが集荷料金30円がかかる(ネコポスは非対応)
【宅配受付先】ヤマトの営業所、ファミリーマート

【1】宅急便・・・60~160サイズ。料金は600円~1500円。郵便でいうゆうパックみたいなもの。30万円まで補償あり。
【2】宅急便コンパクト・・・専用ボックスを購入して梱包して送る。料金は380円。3万円まで補償あり。
【3】ネコポス・・・郵便受けに入るサイズ。厚さ2.5cmまで。料金は195円。規定サイズが角4サイズ。A4サイズの商品だと少し折らなけらばならない場合も。3000円まで補償あり。


ゆうゆうメルカリ便・・・2017年6月から日本郵便と提携。
【宅配受付先】郵便局、ローソン

【4】ゆうパック・・・60~100サイズ。料金は600円~900円。
【5】ゆうパケット・・・A4サイズ。厚さ3cmまで。料金は175円。メルカリ便の中では最安値で送れるが厚さ3cmギリギリの品物だと購入者の郵便受けによっては入らない場合もあるので注意。心配ならコンビニ受け取りを選択しましょう。配送スピードはかなり遅めな事にも注意。特にコンビニへの持ち込みを選択した場合集荷のタイミングが悪いと1日ずれる事もある。

他にもある!ゆうゆうメルカリ便とらくらくメルカリ便の違い

【1】日時指定・・・らくらくメルカリ便(ネコポスは不可)
          ゆうゆうメルカリ便
これけっこう意外ですよね。通常のゆうパックだと時間指定できるのでメルカリ便のゆうパックでも出来ると思いがちですが出来ません。今の所。
ちなみに宅急便は発送後も受け取りの時間指定が出来ます(発送してからそんなに遅くなければ)。クロネコメンバーズ会員じゃなくても電話で対応してくれるはずです。
発送側受け取り側どちらからでも設定出来るが、追跡番号が必要。

【2】自宅以外の受け取り場所指定・・・らくらくメルカリ便
                   ゆうゆうメルカリ便
ゆうゆうメルカリ便で受け取る事の出来る場所は『郵便局』『ローソン』『ミニストップ』『はこぽす』

匿名配送ではあるが注意しておきたい事

匿名配送なので本名や住所がバレる事はありません。ただしゆうパックや宅急便など追跡サービスが出来る発送をした場合、サービスの性質上自分が発送依頼をしたヤマト営業所もしくは郵便局の住所はバレます。
とはいえせいぜい地域が分かるぐらいですし、どうしても嫌なら自分の住んでる所から遠く離れた場所で依頼すればいいだけですからね。あまり気にする必要はないと思います。

 

 

www.mintscore333.com

 

 

www.mintscore333.com