ひまつぶしぶろぐ

自分の趣味やネット関係の出来事を適当につぶやくブログです。

【メルカリ】こんなに多いの!?自分に合ったフリマアプリ探し【ラクマ】

スポンサーリンク

【メルカリ】自分に合ったフリマアプリ探し【ラクマ】

いまやオークションと並んでネット売買には欠かせない産業へと成長したフリーマーケットアプリ。
フリーマーケットサイトも種類は豊富にあります。フリマアプリによって手数料の違いや発送方法の違いなどの特色があり、一概にどのアプリが一番良いとは言えません。
ひとまず有名なフリマアプリを並べてみました。

 

【フリマアプリ一覧】

『メルカリ』・・・日本を代表するフリマアプリ。他のアプリに比べると利用者が圧倒的に多いので商品の数も非常に多い。

『ラクマ』・・・楽天が提供するフリマアプリ。メリットは販売手数料が無料な事と振り込み申請から実際に振り込まれるまでの期間が非常に短い事。

『フリル』・・・楽天が提供するフリマアプリ。最初は女性限定でサービスを開始していたが後から男性でも利用できるようになった。出品者は購入申請の有無を設定出来る。利用者は女性が多い。

『ミンネ』・・・ハンドメイドの最大手フリマ。手作り作品の売買に特化したサイトなので人気の売り手になればかなり稼げる。売り上げると販売手数料(10.8%)がかかる。

『クリーマ』・・・ミンネと同じくハンドメイドに特化したフリマアプリ。こちらも販売手数料がかかる。

『チケキャン』・・・ライブやコンサート、スポーツ観戦などのチケット売買に特化したフリマアプリ。支払いは事務所を介しての取引になるので直接売買するよりは安全に行える。販売側購入側ともに手数料がかかる。
・手数料詳細
【販売側】売上代金の8.64%(8000円以下は690円)
【購入側】決済システム料(2万円まで324円~540円、2万円以上は代金の3.24%)

『オタマート』・・・オタクグッズの売買に特化したフリマアプリ。アニメや声優グッズ、漫画などが豊富にある。ニッチな商品も数多くあるのでメルカリにはなかった商品がここで見つかるかも。購入申請や値下げ申請の有無を設定可能。
販売手数料(10.8%)がかかる。

【フリマアプリの特徴】

オークションサイトと比較して一番の違いは商品代金がそのまま落札金額である事と、代金の支払いと受け取りに運営が介入してくれる事です。
銀行等への先振り込みは禁止している所が多いので、持ち逃げされる心配はなく購入者側にとっては安心して取引する事が出来ます。

また、他のフリマサイトとの差別化を図るために独自のサービスを提供しているフリマアプリもあります。

メルカリ便・・・メルカリが行っている配送サービス。通常の発送よりも安価で発送出来る事が多いがこのサービスの最大の魅力は購入者、販売者の個人情報を一切開示する事なく取引を行える匿名配送である事。匿名配送が出来るのは上記サイトの中では今の所メルカリのみ。

販売手数料無料・・・ラクマ、フリルは現在販売した商品に手数料がかからない。これは販売者側にとってはかなりのメリットである。
ですが利用者自体がメルカリに比べるとかなり少ないのでメルカリと同じ値段で出品したとしても売れる事は稀である。なのでどちらが良いとは一概には言えない。

振り込み申請してからの対応・・・これはラクマが圧倒的に早い。フリルやメルカリでは早くても4日後、遅いと10日かかる事もあるがラクマの場合楽天銀行なら即日に振り込まれる事もある。その他の金融機関でも早ければ2日後に振り込まれる(営業日外だった場合は翌営業日)。
※追記:フリルも11月27日から【振込申請から振込までの期間】が最短で即日に変更された(ラクマと同じ扱い)

 

 

www.mintscore333.com

 

 

www.mintscore333.com